MT4の一目均衡表は本物とズレがあった?!

修正版一目均衡表(FXTF – Ichimoku)が存在するということを聞いて、使ってみま

した。MT4に元々備わっている一目均衡表とどこが違うのかをご説明します。

実際に表示すると以下の通りのインジケーターです。

20150925_A

ご存知の方もいらっしゃったかもしれませんが、MT4に元々設定されている一目均衡表は

シフトする(左右にずらす)ロウソク足の数が多いのです。

その為、MT4に元々設定される一目均衡表を使用した相場判定結果は、本来の一目均衡表の

意図するところではないと言って良いと思います。

具体的には

一目均衡表というのは、最新のローソク足を0(ゼロ)として

遅行スパンは-25本分を左(過去)方向にずらして表示します。

先行スパンは+25本分だけ右(未来)方向にずらして表示します。

つまり、最新のローソク足を1本目とすると26本目となります。

ところが、MT4標準搭載の一目均衡表(Ichimoku Kinko Hyo)は、その本来の一目均衡表

の設計思想とは違っていて、以下の画の通り
遅行スパンは-26本分を左(過去)方向にずらして表示します。

先行スパンは+26本分を右(未来)方向にずらして表示します。

つまり、ロウソク足が1本分多く使用されてしまっています。

20150925_B

FXトレード・フィナンシャルの修正版一目均衡表(FXTF – Ichimoku)は、本来の一目均衡表

の設計どおり
遅行スパンは-25本分を左(過去)方向にずらして表示します。

先行スパンは+25本分を右(未来)方向にずらして表示します。

下の画の通りです。

20150925_C

こういう間違いというのがあるのですね。

一目均衡表を使うという方は、一度、修正版一目均衡表(FXTF – Ichimoku)のチェック

をしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加