FXとBOの提示レートの違い

みなさん、こんにちは。ボリ平です。

バイナリーオプションの取引には

原資産が同じ銘柄のFXのチャートを使います。

その時に、気になるのが

FXとBOの「現在価格の違い」です。

■FXとBOの提示レートは異なる

相対取引のFXの場合、取引手数料がかからない代わりに

「売値:SELL」と「買値:ASK」という

「2ウェイプライス」になっています。

※相対取引(あいたいとりひき)とは、

店頭取引とも言われ、市場を通さずFX業者と顧客との間で
為替売買が行われる取引のこと。

※売値と買値の差:スプレッドはFX業者や銘柄によって異なります。

■BOは「1本値」
バイナリーオプションのレート(提示原資産価格)は

為替レートの「中間値:MIDレート」を採用しているため
価格は1本です。

ですから、FXの提示レートとは異なります。

↓21:30に経済指標「新規失業保険申請件数」が発表され
急騰したあとのドル円の取引画面を見てください。

■FXTFのMT4チャートとバイトレ(21:55)

9 24 2155MT4 BO

【MT4とバイトレの提示レート】

・右側:バイトレ・レート 「119.574円」 の時

・左側:MT4 売値:「119.565円」 買値:「119.573円」
を提示しています。

同じ「ドル円」という銘柄でも
BOとFXの提示レートに違いがあることがわかります。

このように、各業者によって
配信元やスプレッド差などによる提示レートの差異はあります。

しかしバイナリーオプションの場合

「上がるか・下がるか」を予想するものであり

値幅で利損を追求するものではないので

多少レートが異なっていても
BO取引のトレンド判断にFXチャートは不可欠です。

FXTFにはMT4口座もあるので

『バイトレ』を取引する際は、

『MT4』も上手に活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加