ボラティリティの少ないレンジで一進一退

前回記事

レンジトレード型EAで好調な利確決済連発

でご紹介しました7ポジションの利益確定を行なったShinkuuHadoukenは

その後、エントリー済で未決済の4ポジションを持ったままとなっています。

20150914_A

保有中4ポジションの合計は、マイナス1,824円の含み損です。

9月10日(木)から40銭以内のボラティリティの少ないレンジ相場となって

います。買いのみでエントリーする戦略で保有した買いポジションですので、買い方向に

トレンドが発生するか、大きいボラティリティの発生が待たれるところです。

しかしながら、今週は注目のFOMCがあり、内容次第でドル円の値動きに大きな

影響を及ぼしますので、注視しています。(※)

※本記事は9/18(金)3時の米FOMC 結果公表前の、9月14日(月)に執筆されたものです。

マーケット分析は、弊社の場合 志摩力男の実戦リアルトレード を参考に

し、余程大きな動きが想定される時は、EAの停止も検討に入るようにしていますが

その、志摩力男先生のメールマガジンによりますと

FOMC発表が
(1)政策変更なし(85%)

(2)利上げ、0.125%(10%)、0.25%(5%)

の場合も、上昇するような予感があります。しかし、この上昇も9月までで、10月以降は

ドルを支える投資主体が見えないので、先行き不透明ではあります。

との見立てですので、保有中ポジションは、上手く勝ちトレードで終えられると予想

しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加