上昇トレンドが発生した時に利益を増大させるShinkuuHadoukenの仕組み

ShinkuuHadouken をドル円の買いのみで使用する戦略のご説明を先日来、させて

頂いてきましたが、只今2015年9月2日時点でドル円は119円から121円のレンジに

突入しており、レンジトレード型EAが利益確定を繰り返す相場となっています。

このようなそこそこ幅のあるレンジ相場、あるいは、買い方向にトレンドが発生する

ような相場では、大きな利益を狙うべくShinkuuHadoukenには

トレーリング・ストップ機能が備わっています。

トレーリング・ストップ機能とは、エントリー後にあらかじめ設定された利益を超え

たら、その地点に戻ると決済するよう決済ポイントを置くもので、更に利が伸びたら

決済ポイントを切り上げて行くものです。

一旦は利益が出たけれども、エントリーと逆方向にレートが戻ってしまい、含み損

が発生したとか、利益が少なくなってしまったということを防ぐ素晴らしい機能です。

トレーリング・ストップ機能を実際に使ったトレードは以下のような場面です。

20150902_A

進んでほしい方向と反対方向に戻れば利益確定決済をしますが、順調に利益を伸ばして

くれれば決済せずに利益を増大させ続けることになります。

トレーリング・ストップを切り上げる幅は、パラメーターで設定することが出来ます。

20150902_B

trailingstop の値を変更するのですが、初期設定値は20pipsとなっています。

余りに小さい値ですと、少しの値動きで決済してしまいます。

そのトレーリング・ストップ値に引っかからなければ、その後の順方向のレートの

進行で更に大きな利益となっていたなどということが起こります。

反対に大きすぎても、一旦利益が出ていながら、トレーリング・ストップ値にかかる

前に逆方向にレートが進み含み損が発生し出したということがあり得ます。

従って、trailingstop値の決定はとても重要です。

ドル円で使用するfx-onの場合は、初期値の20pipsで使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加