今の相場に合ったレンジトレードの手法とは ②ドル円ロング

今回は、現在のマーケット環境で、レンジトレードを使用した比較的少額な資金でも

有効なトレード方法をご紹介したいと思います。

その対象通貨ペアは、恐らく今後も中長期で考えれば上昇相場が継続すると思われる

ドル円です。

使用するEAは、ShinkuuHadouken

実績→ http://fx-on.com/systemtrade/detail/?id=4264

比較的少額資金でもトレードを可能とするために1,000通貨対応の MT4を使用し買い

エントリーのみを行ないます。

ドル円ですので、スワップ金利は見込めません。ご参考までに

FXトレード・フィナンシャル社の MT4のスワップポイント一覧

をご覧ください。

下の画は2001年以降のドル円チャートですが、136円付近から74円付近までのレートの

中で上下しています。

今後、まだまだ上昇をすると考えて買いのみのレンジトレードを行なうものです。

2001年以降のドル円チャート

20150813_A

実際のトレードでは一方向にレートが進むことなく踊場や短期的な売り方向への

下落相場の出現が起こります。

しかし、以下の画のように買い方向にのみエントリーが行われ『急激な下落時には

エントリーを行なわないロジックが発動しエントリーは行なわれません。』

20150813_B

また、トレイリングストップ(利益が出たら決済値を切り上げる)を使い一気に上昇

する相場では20pips毎に利益確定値を切り上げています。

fx-onのリアル運用での設定は

設定レンジ(この幅の中でエントリーする) 120円~135円

25pips上昇するごとにエントリーを行なう

利益確定値 30pips

トレイリングストップ(利益が出たら決済値を切り上げる) 20pips毎

損切値 300pips

としました。

20150813_C_2

1,000通貨のMT4で稼働した場合、1ポジションあたり利益約370円

(現在レートの場合、以下同じです)

トレイリングストップ(利益が出たら決済値を切り上げる)機能によりレートが上昇を

続ける場合は、20pips毎に決済値を切り上げ更に大きな利益を狙う

予期せぬ出来事で一気にレートが120円以下に下落するような場合には

全ポジションが300pipsで損切られ18,000pips凡そ223,200円の損失リスクを負う

この設定で、fx-onリアルトレードでどういう結果になるか、順次、レポートをして

参ります!

使用しているShinkuuHadoukenは、FXトレード・フィナンシャルに口座開設すると

貰えます。

20150812_E

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です