知らなきゃ損!FXTFバイトレ「ぶんせきチャート」を使おう!④

みなさん、こんにちは。ボリ平です。

テクニカル分析派トレーダーに人気の
バイトレ「ぶんせきチャート」

もちろん、
ある程度テクニカル分析の知識がある方ならどなたでも使えます。

さて、今回は

(これも意外と知られていない・・・?)

「ぶんせきチャートをよりよく使う方法」です。

■バイトレ取引画面
ぶんせきチャート拡大①

バイトレチャートの右上のアイコンを押し

「ぶんせきチャート」に変更します。

◎ぶんせきチャートへの変更方法は過去記事を参考にして下さい
知らなきゃ損!FXTFバイトレ「ぶんせきチャート」を使おう!①

■ぶんせきチャートの設定

ぶんせきチャート拡大②

ぶんせきチャートにすると、

通常の取引画面にはない「謎のボタン」が出現します。

はて、これはなんだろう??

と思って押してみると、

最初はまずびっくりしますねー

■ど~ん!と拡大画面に

ぶんせきチャート拡大③

PC画面いっぱいにぶんせきチャートが広がります。

これはなかなか迫力がありますし、

テクニカル分析を細かく設定してもこれならわかりやすいです。

■インジケーター使用例

ぶんせきチャート拡大④1

いつものボリンジャーバンドに加え

「MACD」と「ボラティリティ」を追加しました。

◎MACDの解説➡MACDテクニカル分析解説【FXTF】

■おすすめ:ボラティリティ
ボラティリティは価格変動の大きさを示す変動率

FXでは現物取引のように「出来高」がないので
その代りにボラティリティを使う事が多いです。

あまりなじみがないかもしれませんが、トレンドの強弱がわかります。

<ボラティリティの見かた>
・変動幅が大きい=ボラティリティが高い
・変動幅が小さい=ボラティリティが低い

ボラの高低は相場の上げ下げとは関係ありません。

相場が動けば高くなるし、動かなければ低い位置にいます。

■チャートを元に戻す
ぶんせきチャート拡大④

全画面表示から元に戻すときは

再び例のボタンを押せば戻ります。

いががだったでしょうか?

ぶんせきチャートのインジケーターは
その他にも面白いものが沢山あります。

是非、いろんなインジケーターをチャートに装着し
試しながら徐々に

自分オリジナルの
トレードしやすい環境づくりをしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です