ギリシャ問題後の相場で39,699円勝ち、異例相場での稼働を再考してみる。

過去記事 リアル口座-90551円負けました! の通り苦戦を強いられた

MT4運用ではありましたが、その後、元に戻すべく躍進し、約定済のポジションで

39,699円盛り返すことが出来ました。

20150715

6月30日のドローダウンは、ギリシャ問題の最中の6月29日~6月30日にかけての

ユーロドルレートの激しい動きによるものでした。

冒頭の前回の記事では

『荒れることが当然予想される相場では、停めておくべきだと思うこともありますが

設定されたとおりに淡々と稼働させることがシステムトレーディングの本質』

と記載していますが、システムトレーダーの方々の中には、年末年始と大荒れが予想

されるときは停止するという方は、かなりの数いらっしゃいます。

6月30日の様なドローダウンを喫しますと、荒れることが予想される相場では

正直に申し上げて、停めた方が良かったと思います。

稼働を続け荒れた相場で大きく勝つ可能性を求めるのか。はたまた

大きなドローダウンを避けるためにも激しい相場では稼働を停めて、そうでない

通常のマーケットで徐々に増やして行くのかは、みなさん迷うところではあります

が、その状況判断がシステムトレードを用いた運用では重要になってきますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です