FXTF未来チャート「スマホ版」を使いこなそう!(その2)売買シグナルの違い

FXTF未来チャート「スマホ版」を使いこなそう!その2
に行きたいと思います。

◎その1➡FXTF未来チャート「スマホ版」を使いこなそう!(その1)見るべきポイントは?


■スマホ版のシグナルパネル

タップでチャートへ
PC同様、FXTF未来チャートの「シグナルパネル」には

①シグナルパネル
②テクニカルチャート

に分かれています。

シグナルパネルの『↑↓売買』のアイコンをタップすると
テクニカルチャートが表示される仕組みです。

テクニカルチャート上には、シグナルが矢印で表示されます。

“この矢印がいいんです!”

テクニカル分析ごとにシグナルが出るので
「どのタイミングで、どのテクニカルが反応するのか?」

トレードの時に、自分で判断していたタイミングと違っていたりするので
新しいエントリーポイントを発見する事もあります。


実は、こうやりながら
”FXも含めた、テクニカル分析の勉強が出来てしまいます。”


■テクニカル分析による売買シグナルの違い

テクニカル分析別シグナル1

上記は同じ「ドル円」1分足のテクニカルチャートのうち
テクニカル指標を
・一目均衡表
・ボリンジャーバンド
に設定した時の「売買シグナルの違い」を表しています。



【トレード別損益と累積収益】
チャート下部にあるこの2つは
テクニカル分析の「信頼度を判断するため」に有効な情報です。
終値から終値で取引を行った場合の損益がトレード別損益に表示されます。

➡青(損失)より赤(利益)が多い経済指標のほうが信頼性が高い

この売買シグナルは、
時間足・取引時間帯・銘柄などによっても差異がみられます。

そこで、この収益表を参考に
”今の相場に一番ハマっている「テクニカル分析」を上手にチョイスする”

という方法も考えられます。


FXTF未来チャート、意外と奥が深いと思いませんか・・・?


ここから更にスゴイところが出てきます。^^

それはまた次回、「その3」へ~
FXTF未来チャート「スマホ版」を使いこなそう!(その3)多数決方式とフォーカス方式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です