MT4の自動売買EAはつけっ放しで何日くらい大丈夫か?

20150706_A

MT4で自動売買を行なう場合、ご自宅のPCやネット上のVPSでMT4を動かしっ放し

にする必要がありますが、長時間稼働していると動作が不安定になるのではないか?

大事な証拠金が入っている口座なのでMT4が正常に動いてくれないと不安だ!という

気持ちは誰しも持つものです。

コンピューターですので、いろいろ不具合が出てきた際には、再起動をすれば直ること

は経験上分かるのですが、では、実際に、どのくらいの周期でMT4やPCそのものを

再起動しなければならないか?

また、再起動しなければならない理由は何なのかということを DealingAppさんという

EA開発に詳しいブロガーさんが解説していましたので、その記事からご説明したいと思

います。

再起動しなければならない原因はGetTickCount関数

EAを作る際、多くの開発さんがGetTickCount関数を使用します。この関数がなぜ広まっ

ているかというとMT4に関する著作で有名な神奈川大学の豊島先生がその著書の中で

GetTickCount関数を解説しているからだそうです。

GetTickCount関数の詳細は、DealingAppさんの記事を参照いただくとして、簡単にご説明

するとGetTickCount関数は、PCが起動してからの経過時間をミリ秒単位で教えてくれる関数

で、約50日が経過するとGetTickCount関数が計算可能な最大値に達してしまいます。

その結果、エラーが起こり、エラーを解消するためにはPCの再起動が必須となるのだそう

です。

50日に到達するとどうなるのか

エントリー・決済のリトライ処理というところにGetTickCount関数を使用しているので

エントリーと決済とを予定していないタイミングで行なってしまいます。

最悪のケース、放置しておくとエントリーと決済を繰り返し、気づけば証拠金がなくなっ

ていたということも起こり得ます。

対策は?

PCが起動して以降の時間が問題ですので、MT4だけでなくPCの再起動をしてしまえば

問題は解消されます。

ただし、50日間はつけっ放しで大丈夫ということではなく、今回ご説明の問題以外にも

エラーが起こる可能性がありますので、スマートフォンのMT4 や

Web上のポジションや損益確認ツール

20150706_B

で常々稼働状況を確認して、異常が認められたら実際にMT4の稼働を確かめることが

重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です