ボリ平流「FXTF未来チャート」使い方のコツ③

みなさん、こんにちは。ボリ平です。

今回のボリ平流「FXTF未来チャート」使い方のコツ③ですが
2017年1月に、未来チャートがバージョンアップし仕様が少しかわりました。

最新情報はこちらの記事をご覧ください。
【FXTF未来チャート】2017バージョンアップ!どこが変わったの?

これまでの記事です↓
「FXTF未来チャート」使い方のコツ第3回目です。

◎1回目➡ボリ平流「FXTF未来チャート」使い方のコツ①

◎2回目➡ボリ平流「FXTF未来チャート」使い方のコツ②


<これまでのおさらい>

①PC画面は2分割して2つのウインドウを立ち上げる

②バイトレ画面をFXTF未来チャートの変動価格幅を把握する


そして最後にバシッ!と決めたいのが
「時間の特定」です。



■時間の特定のしかた

設定③1

FXTF未来チャートの表示時間に注目してください。
過去~現在までは「時刻」が表示されていますが
未来エリアにはありません。

しかし、よく見ると同じ間隔で「マス目」が続いています。
これを計算すると「9分間隔」であることが判ります。


※FXTF未来チャートのマス目、以前は「17分間隔」でした。
ですから今後、分間隔が変わる可能性もありますから毎回チェックして下さい。

◎バイナリーオプションはFXと違い「時間制限」がある

ですから、投資支援ツールとしての本来の使い方

①未来チャート=「未来のチャート形状(値動き)を予測する」

②シグナルパネル=「売買シグナルで売買タイミングを示す」

だけではなく!

「満期時刻にどこの価格帯にいるのか?」

を予想することが重要になります。



■時間の特定方法

先ほどの図では現在時刻が18:57です。バイトレの満期は19:20(第7回号)


そこで、現在時刻に「9分」を足していきます。
そうすると2マス目が

18:57+9分+9分で 「19:15」


そこからちょっと先が満期19:20かな?という感じで
大体の位置を特定します。(ここは厳密ではなくてOKです。)
その特定した時刻を通る3本のライン


第1、第2、第3近似ラインの価格帯をチェックします。
(第1~3の一番高値と安値の確認)

ここが予想される高値と安値の幅です。

見るべきところは、近似ラインの矢印の先ではなく
途中の「満期時刻」のラインを通り過ぎる所なんです。


この3本のラインが通る価格帯と
バイトレの取引画面にある目標レートとチケット価格を比べて
トレード方針を決めていきます。

■いろいろな選択肢

①高値~安値の価格範囲に収まるという「バイトレ:レンジ」を選択

②1~3本ラインの方向性に同調した「バイトレ:ラダー」を選択


など、その時のトレンドによっても作戦が変わってきます。

あとは、これを駆使して何度もトライしてコツを掴むのみ!



「バイトレ」+「FXTF未来チャート」トレード法

今後、これを使った
実際のトレードもどんどん紹介していこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です