MT4+EAの自動売買が恐らくFXシストレで最も勝ち易い理由①

タイトルにある通り、世間に存在するFXのシステムトレードはいくつかあるものの

MT4にEAを載せて行なう自動売買が最も勝ち易い、利益を増やし易いということを

断言しても間違いではないと考えています。

その理由を、実際のフォワードテストもご覧いただきながら、2回シリーズでご説明した

いと思います。

さて、最も勝ち易い理由は、MT4の方がスプレッドが狭いこと、MT4では同タイミング

 

にエントリーと決済が集中しないことの2つにあります。

MT4のスプレッド(リアル口座)はどの程度?

多くのトレーダーの方がご存知の通り、MT4のスプレッドは、FX会社提供のWeb型

シストレよりも狭いです。

fx-onでは、MT4採用の国内各FX会社のリアル口座を開設していまして、ずーっと

継続して測定し、その様子を公開しています。

以下の画です。クリックいただくと実際のページに飛びます。

20150629_A

MT4を開発するメタクーツ社に支払うコストがかかると聞いていますので、その分

裁量系のFX会社のサービスのスプレッドに比べると、分厚くはなりますが、それにし

ても上位のFX会社では、ドル円で1.0pips以下のスプレッドを提示するタイミングが

圧倒的に多い状況です。

狭いスプレッドでトレードが出来るということは、採用するトレード戦略の幅が一気に

広がります。

例えば、ドル円で2.5pips~3pips以上もスプレッドが広がる様でありますと、EAの

中でも長年人気を維持している5pips~15pips程度の薄い利益、反対に損切はその数倍

の40pips~60pipsといった、所謂、スキャルピングタイプのEAは良い成績を出せない。

というよりも、結果は、マイナスとなる場合も起こり得ます。

具体的な、EAの事例でご覧ください。

人気のForex White Bear V3を例に挙げます。

20150629_B

コツコツと利益を積み上げて、ドローダウンが起こってその利益を吐き出しはするものの

結局、ここ2年強の間に、3,304.87ドル(現在レートで400,600円程、証拠金1万ドル

スタート)の利益を記録している様子を、損益曲線から見ていただくことが出来ます。

個別のトレードでは、上の画内の緑の矢印の通り3pips、8pipsといった細かい利益確定を

行なっていきます。

これは、0.4pips~1pips程度のスプレッド環境の中で計上された実績ですので、もしも

2.5pips、3pipsといったスプレッドですと、ドローダウンの損失をカバーしきれず、恐らくマイナス、資金は増えない状況に陥ると思われます。

スプレッドの広い狭いによって、これほど影響があるということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です