build 830 チャートにEA、インジケーターが入らない場合の解決方法

ここ最近、FXトレードフィナンシャルMT4では、build 825、build 830と立て続けに

リリースとなりましたが、複数のお客様で、チャートにEA、インジケーターが入らない

という障害のご報告がありました。

調べてみたところ、EA、インジケーターのファイル名が日本語である場合に問題が

発生しているようです。その詳細と解決方法をご紹介いたします。

まず、ご自分のインストール済みMT4がどのバージョンかを見るには、下の画の通り

ヘルププルダウンメニュー > バージョン情報 をクリックします。

Build*** の箇所の数字をご確認ください。

20150527_B

障害の原因は?

原因は大きく分けて2種類あります。

1.ファイル名に日本語が使用されている。

2.データフォルダのパスに日本語が使用されている。
※特にWindowsのユーザー名を日本語で設定している場合。

ターミナルのエキスパートタブを確認して、cannot load ~~~と表示されていれば

今回のエラーが発生していると考えて間違いありません。

20150527_A

対処方法

1.ファイル名に日本語が使用されている場合

この場合の解決方法は簡単です。

以下の画の通り、MT4左上の[ファイル]から[データフォルダを開く]をクリックして

ください。開かれたフォルダの[MQL]フォルダを開き、EAの場合は[Experts]フォルダ

インジケーターの場合は[Indicators]フォルダを開きます。

日本語で設定されているファイルを右クリックして、[名前の変更]を選択して

ください。

ファイル名をアルファベットでつけたあと、MT4を再起動してください。

これでチャートへ表示できるようになります。

20150527_C

2.データフォルダのパスに日本語が使用されている場合
Windowsのログインユーザー名を日本語などで設定している場合には、デフォルトのデータ

フォルダのパスに日本語が含まれてしまいます。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal

\6621509567F956D5CC0CB312D439BB14
↑赤字の「ユーザー名」の部分が佐藤とか鈴木など日本語になっていると、ファイルを

読み込めない場合があります。
この「ユーザー名」の部分のフォルダは名前を変更することができません。

(検索すると無理矢理変更する方法もあるようですが、MT4以外のソフトにも影響している

フォルダですのでオススメしませんし、データフォルダのパス情報も書き換える必要が

あるため難易度が高いです。)

対策として、MT4をダウングレードする方法があります、今、それが可能か否

かをFXトレード・フィナンシャル社の担当様に確認中です。

メタクオーツ社が、程無く、対応していただけるとは思いますが、早く改善

されることを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です