1分足でも通用する「陰のトンカチ」「波高い線」は下落のサイン

みなさん、こんにちは。ボリ平です。

バイナリーオプションの投資判断はFXと同じです。

(原資産が同じだから)

基本的なローソク足の見方も同じです。

私の場合、古典的なローソク足の売買サインも
「1分足」チャートでも使うことがあります。

特に見るのが
上下に伸びる『ヒゲ』の存在。

ただし、1分足だとしっかり見ていないと一瞬のうちに終わってしまい
チャートによってはそれが表示されないこともあります。

この「ヒゲ」を使った実践トレードをご紹介します。

と、その前に!

今回は
注目したローソク足の形についてご紹介します。

■陰のトンカチ
陰のトンカチ売りサイン

<陰のトンカチ> 

「カタチ」・・・ 上ヒゲが長く、下ヒゲがない。
「投資家方針」・・・弱気。
「サイン」・・・ 天井圏で出ると下落の兆候。

陰のトンカチは
始値のあと、すぐ上昇し高値を付けますが、その後下落して引ける

という形が、まるで「トンカチ」みたいという事から付けられた名前です。

「陰のトンカチ」が上昇相場・天井圏で出ると「下落サイン」となります。

ローソク足に関しては、単体でこのような名前がついている場合もありますが
2本以上を組み合わせて上昇・下落サインとなっています。

今回のトレードで登場したチャートは

「波高い線」という形状に似ています。

<波高い線とは>

上昇トレンドの途中で先ほどの「上ヒゲの長いローソク足」が出現
その足が次のローソク足を孕んだ形です。(前回高値を越えられない)

株式取引などでは、よく日足チャートで使われると思いますが、
1分足でも使えます。(ダマシとスピードに注意^^)

実際に出現した形はこんな感じです↓

■ユーロドル1分足チャート
波高い線

これを瞬間的にとらえ
実際にバイナリーオプションで取引した実践トレードを

次回ご紹介したいと思います。

お楽しみに~♪(^▽^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です