アラームマネージャー

MT4の取引を更に快適に~ 充実の通知機能“アラームマネージャー”

 

アラームマネージャーとは

 
アラームマネージャーとは、相場状況・口座残高等の様々な条件に合わせてアラーム機能を設定し、MT4画面へのポップアップ通知、Eメール通知、twitterへ通知することが出来るツールです。
*(注)アラームマネージャーを利用するにはPCを稼働させてMT4を立ち上げる必要があります。MT4が起動していない状態では全てのアラーム機能は無効となります。PCがスリープモードとなっている場合もアラーム機能は無効となります。
また、「自動売買」の設定がONの状態でないとアラームは発動しません。
 

こんな方におすすめ!

・相場状況、口座状況等が変化した際にお知らせが欲しい。

・取引にtwitter、Eメールを活用したい。

 

主な特徴

 

特徴① 設定が簡単

簡単な操作で設定が可能です。プログラミング等も必要ありません。
(例:USDJPYの取引で1注文の損益が-270,000円を下回った場合にポップアップを表示する場合)
Alarm-Manager2-2.png Alarm-Manager3-1.png

 
 

特徴② 自由な組み合わせ

各アラームに様々な条件を設定し、組み合わせることが可能です。

Alarm-Manager02
<組み合わせ例>
・保有建玉の評価損失額が10%を超えた場合、
pop-upで通知
・ストップロス未設定の建玉がある場合、ユーザーへ警告
・トレードの新規/決済時に
Twitter, E-メールを利用したメッセージを送信

上記の組み合わせはほんの一例にすぎません。組み合わせは自由自在です!
 
 

操作方法

 

 

画面の見方

Alarm-Manager01
①アラーム新規作成
アラームを新規作成する際に使用するボタンです。
②アラームグループ
各アラームをグループで分けることが可能です。
*初期設定ではデフォルトのグループが設定されています。
③設定済みアラーム
設定済みのアラームをクリックするとアラームの編集が可能となります。
④トリガー
アラームの状態(通常/アラーム発動中/アラーム発動済)を表示します。
 

 

アラーム新規作成

Alarm-Manager3-2.pngボタンを押すとアラームの新規作成行うことが可能です。作成したアラームはグループに分かれます。

<アラーム新規作成方法>

1.Alarm-Manager3-2.pngをクリック。

2.アラーム選択画面内、新規作成したいアラームをクリックします。
(✽例:取引活動アラーム内、新建玉設定のアラームを設定したいので「新建玉設定」をクリック)

Alarm-Manager3-2-2.png

3.アラーム設定画面内にて新規アラームの詳細を設定、保存します。

Alarm-Manager3-2-3.png
 

アラーム詳細設定

アラームを設定する際、発動条件や行動等、詳細を設定することが可能です。

<アラーム編集画面>
Alarm-Manager3-3.png
 


✽(1)アラーム設定方法について

【自動リセット】
発動済のアラームを解除(リセット)するまでの時間の設定を選択が出来ます。解除(リセット)されたアラームは発動待ちの状態となるため、また同じ条件が揃った場合アラームが発動します。*文字が灰色の場合は設定不可の状態。
Alarm-Manager3-3-2.png
(無)
アラームの自動解除設定なし。
即時
アラームが発動後、即時に解除。
(アラーム機能によっては適用されない場合がございます。)
アラーム解除
指定時間後にアラームを解除します。
シグナル消去のケース
発生したアラームの条件が消滅した際、指定時間後にアラームを解除します。
次のバーの始め
バー(ローソク足)が更新された際、アラームを解除します。

アラームの状態
Alarm-Manager26


【その他】
アラームの色や名前の設定が可能となります。
Alarm-Manager3-3-4.png

✽(2)アラーム行動の設定方法について
アラームが発動した際の行動設定は以下の通りになります。
Alarm-Manager02

音の再生

音を再生します。サウンドから音の種類を選択。「テスト」を押すと音のテストを行うことが可能です。


Pop-up alertを表示

ポップアップを画面に表示します。
Alarm-Manager13.png
・{DATE}はアラーム発生日、{TIME}はアラーム発生時間を表示します。
・{CAPTION}はアラームの詳細を表示します。
・{LATEST}はアラーム発生時にトリガー条件を表示します。
・{ }内に表示させたいコメントを入力すると自由に表示させることが出来ます。

<シンボル一覧>
シンボル 表示内容 シンボル 表示内容
{CAPTION} アラームの詳細を表示 {POSSYMBOL} 取引通貨ペア名を表示
{LATEST} トリガー条件を表示 {POSTICKET} 取引通貨ペアの
注文番号を表示
{DATE} アラーム発生日を表示 {POSOPENPRICE} 取引通貨ペアの
保有価格を表示
{TIME} アラーム発生時間を表示 {POSCLOSEPRICE} 取引通貨ペアの
決済価格を表示
{ACCBALANCE} 口座残高を表示 {POSSL} 取引通貨ペアの
逆指値を表示
{ACCEQUITY} 有効証拠金を表示 {POSTP} 取引通貨ペアの
決済指値を表示
{ACCFLOATINGPL} 評価損益額を表示 {POSACTION} 取引通貨ペアの
取引種別(買/売)を表示
{ACCMARGINUSED} 必要証拠金額を表示 {POSVOLUME} 取引通貨ペアの数量を表示
{ACCMARGINUSE%} 必要証拠金額を表示(%) {○○○} 入力したコメントを表示
{ACCFLOATING%} 評価損益額を表示(%) {OPENPOSTIONCOUNT} 保有ポジションの数を表示
{PENDINGORDERCOUNT} 注文中(指値,逆指値)
ポジションの数を表示
   
 

<Pop-up alert設定例>
Alarm-Manager14
USDJPYの1注文あたりの損失が-20万円を下回り、アラームが発動するとPop-up alertが表示されます。 Alarm-Manager15
 

E-mail送信

アラーム発生時に指定したメールアドレス先にメールを自動送信します。
Alarm-Manager16
【アラーム行動】
新規行動:「Eメール送信」を選択
To:送信先アドレスを入力
題名:メールの題名を入力
{CAPTION}:メール本文を{○○○}記入

アラーム発生後、alarms@fxblueapps.comより指定したアドレス先に自動送信されます。
 

ツイート送信

アラーム発生時にTwitterにツイートします。
Alarm-Manager17
【アラーム行動】
新規行動:「ツイート送信」を選択
Twitterにログイン:ツイッターアカウントにログイン
{CAPTION}:ツイート内容を{○○○}記入
 

アラームグループの無効化

アラーム発生時に対象のグループのアラームが無効化されます。
Alarm-Manager23
【アラームグループの無効化】
無効化を解除しない限り、アラームは無効となります。
グループ名をクリックすると表示されるメニューから「無効化グループ」のチェックを 外すと有効となります。
左記の例の場合、グレーアウトしている「オリジナルアラーム」の文字をクリックすると メニューが出てきます。
 

全アラームグループの無効化

アラーム発生時に全てのグループのアラームが無効化されます。
Alarm-Manager22
【全アラームグループの無効化】
無効化を解除しない限り、アラームは無効となります。
グループ名をクリックすると表示されるメニューから「無効化グループ」のチェックを 外すと有効となります。
左記の例の場合、グレーアウトしている「オリジナルアラーム」と「アラーム1」の文字をそれぞれクリックすると メニューが出てきます。
 

グループを編集する方法
作成済のアラームグループを編集することが可能です。

1.アラームグループ名(例:オリジナルアラーム)をクリックします。 Alarm-Manager24
 

2.グループ名、グループの表示位置、グループ毎のトリガー条件、アラーム発生時の行動を設定できます。 Alarm-Manager25

グループ名:グループ名を変更可能
グループ注文表示:グループの表示位置を変更可能
Groupトリガー:グループ毎のトリガー条件を設定可能
グループ行動:アラーム発生中の行動を設定可能
無効化グループ:グループのアラームを無効化する場合はチェック
保存:変更内容を保存
削除:グループを削除(グループのアラームが削除されます)
取り消し:変更内容の取り消し
 
 

トリガーの状態

トリガーはアラームの状態(通常/アラーム発動中/アラーム発動済)を表示します。

アラームの状態
Alarm-Manager26
アラームのリセット

発動済のアラーム、発動中のアラームをリセットすることが可能です。
リセットすると発動待ちの状態になります。

アラームのリセットの方法は自動リセット、手動リセットの2通りの方法があります。

1.自動リセット
設定については(✽アラーム設置)を参照

2.手動リセット
アラーム発動済のトリガーの左側をクリックすることで、アラーム発動待ちの状態になります。
Alarm-Manager27
*(注)アラーム機能の種類によっては、アラーム発動中のリセットが不可の場合があり、アラーム発動中の状態で画面に残ります。アラームを削除したい場合はアラーム編集画面内の「削除」ボタンより削除してください。
Alarm-Manager28
 

取引活動アラーム

 

 

アラーム項目

取引の動きに合わせてアラームを発動させることが可能となります。下記4項目のアラームを選択出来ます。
Alarm-Manager29
新規建玉設定:新規にポジションを保有した際に発動するアラームです。
建玉決済時:ポジションを決済した際に発動するアラームです。
建玉評価損益:1ポジションあたりの評価損益額の動きに合わせて発動するアラームです。
損切設定なしの建玉:決済逆指値注文の入っていない保有ポジションがある場合発動するアラームです。
 


 

アラーム設定

Alarm-Manager3-2.pngをクリックします。
 

Alarm-Manager30.png

設定したいアラームをクリックします。
Alarm-Manager31.png
新規建玉設定
建玉決済時
建玉評価損益
損切設定なしの建玉
 


「新規建玉設定」を設定する場合

Alarm-Manager32.png アラームパラメータ:
シンボルリストから通貨ペアを指定します。
✽「いずれか」を選択した場合、通貨ペアに関わらず新規ポジションを保有した場合、アラームが発生します。
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 


アラームが設定されたことを確認します。
Alarm-Manager33.png

新規ポジション保有後(例:USDJPY-cd 買 2lot)にアラームが発動、
アラーム設定画面は以下の状態となります。
Alarm-Manager34.png


「建玉決済時」を設定する場合

Alarm-Manager32.png アラームパラメータ:
シンボルリストから通貨ペアを指定します。
✽「いずれか」を選択した場合、通貨ペアに関わらずポジションを決済した場合、アラームが発生します。
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 

アラームが設定されたことを確認します。


ポジション決済後(例:USDJPY-cd 買 2lot)にアラームが発動、
アラーム設定画面は以下の状態となります。
Alarm-Manager36.png

 

アラーム編集

設定済みのアラームをクリックするとアラームの編集が可能となります。
Alarm-Manager43.png

クリック後、編集画面内にてアラームを編集し、保存します。
Alarm-Manager44.png

時間アラーム

 

 

アラーム項目

タイマーや時間に合わせてアラームを発動させることが可能となります。下記2項目のアラームを選択出来ます。
Alarm-Manager55
タイマー秒読み:設定したタイマーに合わせて発動するアラームです。
時間:指定した時間(日本時間表記)に合わせて発動するアラームです。
 


 

アラーム設定

Alarm-Manager3-2.pngをクリックします。
 

Alarm-Manager30.png

設定したいアラームをクリックします。
Alarm-Manager57.png
タイマー秒読み
時間
 


「タイマー秒読み」を設定する場合

Alarm-Manager58.png アラームパラメータ:
タイマーを設定します。設定したタイマーに合わせてアラームが作動します。(例:1分後にアラームが作動)。
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 


アラームが設定されたことを確認します。
Alarm-Manager59.png

設定したタイマーに合わせてアラームが作動します。
設定したタイマーの時間に到達するとアラームが発動、アラーム設定画面は以下の状態となります。
Alarm-Manager60.png


「時間」を設定する場合

Alarm-Manager61.png アラームパラメータ:
指定した時間にアラームを発動させます。(24時間表記)(✽分単位まで指定可能です。)
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 

アラームが設定されたことを確認します。


設定した時間に合わせてアラームが作動します。
指定した時間にアラームが発動、アラーム設定画面は以下の状態となります。
Alarm-Manager65.png

 

 

アラーム編集

設定済みのアラームをクリックするとアラームの編集が可能となります。
Alarm-Manager63.png

クリック後、編集画面内にてアラームを編集し、保存します。
Alarm-Manager64.png

 

価格アラーム

 

 

アラーム項目

相場の価格や価格変動に合わせてアラームを発動させることが可能となります。下記3項目のアラームを選択出来ます。
Alarm-Manager-price-1
価格水準:設定した価格の水準に到達すると発動するアラームです。
価格変動:指定した価格変動の条件に合わせて発動するアラームです。
ブレークアウト:指定したローソク足本数内の高値/安値をブレークアウトした際に発動するアラームです。
 


 

アラーム設定

Alarm-Manager3-2.pngをクリックします。
 

Alarm-Manager30.png

設定したいアラームをクリックします。
Alarm-Manager-price-2
価格水準
価格変動
ブレークアウト
 


「価格水準」を設定する場合

Alarm-Manager-price-3 アラームパラメータ:
通貨ペア、条件価格を指定します。
(例:USDJPYの中値が=106.832円の場合、アラームが発動)
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 


アラームが設定されたことを確認します。
Alarm-Manager-price-4

設定した条件に合わせてアラームが作動します。
(例:USDJPYの中値が106.832円となった場合、アラームが発動、アラーム設定画面は以下の状態となります。
Alarm-Manager-price-5


「価格変動」を設定する場合

Alarm-Manager-price-6 アラームパラメータ:
通貨ペア、価格変動条件の設定を指定します。(例:USDJPYの売値がアラーム設定時の価格から10銭(0.1)上昇又は下落した際にアラームが発動)
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 

アラームが設定されたことを確認します。
(✽アラーム設定時のUSDJPYの売値が106.854、現在の売値が106.861)

設定した条件に合わせてアラームが作動します。
USDJPYの売値が10銭変動した際にアラームが発動、アラーム設定画面は以下の状態となります。
Alarm-Manager-price-8


「ブレークアウト」を設定する場合

Alarm-Manager-price-9 アラームパラメータ:
通貨ペア、ローソク足の時間軸、バー(ローソク足の本数)、ブレークアウトの条件を設定します。
(例:EURUSD 直近2本分のM15のローソク足が対象 対象ローソク足の高値/安値をブレークアウトした際、アラームが発動)

アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック


 
▼ブレークアウト条件:「追加」と「減算」とは?(図は一例です。)


アラームが設定されたことを確認します。


設定した条件に合わせてアラームが作動します。
EURUSDの価格が直近2本分の15分足のローソク足の高値/安値(1.23548-1.23601)の範囲からブレークアウトした際にアラームが発動。アラームは以下の状態となります。
Alarm-Manager-price-11

 

 

アラーム編集

設定済みのアラームをクリックするとアラームの編集が可能となります。
Alarm-Manager-price15

クリック後、編集画面内にてアラームを編集し、保存します。
Alarm-Manager-price16

 

アカウントアラーム

 

 

アラーム項目

口座状態の変化や取引の勝敗に応じてアラームを発動させることが可能となります。下記5項目のアラームを選択出来ます。
Alarm-Manager-account-1
アカウント値:取引口座の変化に合わせて発動するアラームです。
残高の変動:残高の変動に合わせて発動するアラームです。
連勝:取引の連勝数(利益)に合わせて発動するアラームです。
連続損失:取引の連敗数(損失)に合わせて発動するアラームです。
勝敗比率:取引の勝敗比率(0勝0敗)に合わせて発動するアラームです。
 


 

アラーム設定

Alarm-Manager3-2.pngをクリックします。
 

Alarm-Manager30.png

設定したいアラームをクリックします。
Alarm-Manager-price-2
 


「アカウント値」を設定する場合

アラームパラメータ:
条件を設定します。
(例:残高が100万円を下回った際にアラームが発動)
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 

<パラメーター条件の種類>

条件項目 内容
残高 指定した残高の値に合わせて発動するアラームです。
株式 有効証拠金に合わせて発動するアラームです。
建玉の評価損益 建玉の合計評価損益に合わせて発動するアラームです。
使用マージン額 必要証拠金額に合わせて発動するアラームです。
マージン金額 余剰証拠金額に合わせて発動するアラームです。
使用マージン% 必要証拠金額(%)に合わせて発動するアラームです。
必要証拠金÷有効証拠金×100(※50%でロスカット)
マージン率% 余剰証拠金額(%)に合わせて発動するアラームです。
余剰証拠金÷有効証拠金×100(※0%でロスカット)
建玉の利益率% 建玉の合計評価損益(%)に合わせて発動するアラームです。
建玉の合計利益÷残高
オープン建玉の計算 保有建玉数に合わせて発動するアラームです。
指値/逆指値の注文の計算 指値/逆指値の注文数に合わせて発動するアラームです。
 
 


アラームが設定されたことを確認します。
Alarm-Manager-account-4

設定した条件(例:残高が100万円を下回った際)に合わせてアラームが作動します。
Alarm-Manager-account-5
 


「残高の変動」を設定する場合

Alarm-Manager-account-6 アラームパラメータ:
条件(変動タイプ)を指定します。(例:残高が上昇(増加)又は下降(減少)した際にアラームが発動)
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 

アラームが設定されたことを確認します。
(✽アラーム設定時の残高1,766,572円)


設定した条件(残高が増減した際)に合わせてアラームが作動します。
(例:保有ポジションを損切、6,108円の損失を確定。口座残高は1,760,464円に減少)。
Alarm-Manager-account-8.png


「連勝」を設定する場合

Alarm-Manager-account-9 アラームパラメータ:
条件(連勝数・カウント方法)を指定します。
(✽例:個々のトレードにおいて2連勝(2回連続で利益が出た場合)した場合、アラームが発動)
✽カウント方法が「残高の変動」の場合、残高の増減に応じて連勝数をカウント
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック


 


アラームが設定されたことを確認します。


設定した条件に合わせてアラームが発動します。



「連続損失」を設定する場合

アラームパラメータ:
条件(連続損失・カウント方法)を指定します。
(✽例:個々のトレードにおいて2連敗(2回連続で損失が出た場合)した場合、アラームが発動)
✽カウント方法が「残高の変動」の場合、残高の増減に応じて連敗数をカウント
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック


 


アラームが設定されたことを確認します。


設定した条件に合わせてアラームが発動します。



「勝敗比率」を設定する場合

アラームパラメータ:
条件(勝敗比率、最低取引数・カウント方法)を指定します。
(✽例:個々のトレードにおいて5回以上取引を行い、勝敗比率が50%を上回った場合、アラームが発動)
✽カウント方法が「残高の変動」の場合、残高の増減に応じて連敗数をカウント
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック


 


アラームが設定されたことを確認します。


設定した条件に合わせてアラームが発動します。
(例:取引数5回の内、4勝1敗(勝敗比率80%)の為、アラームが発動)

 

 

アラーム編集

設定済みのアラームをクリックするとアラームの編集が可能となります。


クリック後、編集画面内にてアラームを編集し、保存します。


 

ニュースアラーム

 

 

アラーム項目

経済指標やセンチメント(ユーザーの保有ポジションの割合)に合わせて発動するアラームです。
Alarm-Manager-account-1
経済カレンダー:指定した経済指標の時刻に合わせて発動するアラームです。
(経済指標配信元:ForexFactoru.inc(https://www.forexfactory.com/
センチメント:FXBLUEを利用しているユーザーの買いのポジションの割合に応じて発動するアラームです。
(FXBLUEポジション割合:(https://www.fxblue.com/connect/#sentiment
 


 

アラーム設定

Alarm-Manager3-2.pngをクリックします。
 

Alarm-Manager30.png

設定したいアラームをクリックします。
Alarm-Manager-price-2
 


「経済カレンダー」を設定する場合

アラームパラメータ:
ニュース配信先:経済指標の配信先を設定します。
(*現在、ForexFactoryからの配信のみとなります)
ニュース優先度:対象となる経済指標を設定します。
(*ニュース優先度:
強のみ=ForexFactory 経済指標内、色の経済指標が対象となります。
中/強のみ=ForexFactory 経済指標内、色の経済指標が対象となります。
任意=ForexFactory 経済指標内、色の経済指標が対象となります。
分前:
指定した経済指標の時間前に(1~60分前)アラームを発動します。
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 


アラームが設定されたことを確認します。


設定した経済指標の時間前に合わせてアラームが作動します。

 


「センチメント」を設定する場合

アラームパラメータ:
配信会社:ポジションの割合を算出するFX会社を選択します。
(*現在、MT4i(FXBLUE)のみとなります。)
シンボル:通過ペアを選択します。
(*現在、11通貨のみとなります。)
ロング%:
ロングポジションの割合を指定します。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 

アラームが設定されたことを確認します。


設定したセンチメントに合わせてアラームが作動します。
(例:FXBLUE内,USDJPY買いポジションを保有しているユーザーの割合が50%を下回ったらアラームが発動)


 

 

アラーム編集

設定済みのアラームをクリックするとアラームの編集が可能となります。


クリック後、編集画面内にてアラームを編集し、保存します。


 

インディケータアラーム

 

 

アラーム項目

インディケータに合わせて発動するアラームです。下記7項目のアラームを選択できます。
Alarm-Manager-tec-1
移動平均クロスオーバー:2本の移動平均線がクロスした時点で発動するアラームです。

ボリンジャーバンド:ボリンジャーバンドの標準偏差に価格が達した時点で発動するアラームです。

スイングポイント:インジゲータ ‘フラクタル’(Fractals)の矢印の点灯に合わせて発動するアラームです。

ストキャスティクス:%Kと%Dの交わり・状態により発動するアラームです。

MACD:MACDとシグナルの交わり・状態により発動するアラームです。

RSI:RSIの値により発動するアラームです。

Average true range:ATRの値により発動するアラームです。
 


 

アラーム設定

Alarm-Manager3-2.pngをクリックします。
 

Alarm-Manager30.png

設定したいアラームをクリックします。
Alarm-Manager-tec-2
 


「移動平均クロスオーバー」を設定する場合

アラームパラメータ:
シンボル:通貨ペア、時間足を選択します。
M/A:2本の移動平均の期間、条件を選択します。
(例:20日移動平均線が50日移動平均線を上回った場合、アラーム発動)(最小:2日、最大200日)
価格タイプ:
移動平均線の価格タイプ(終値,中央値,HLC/3)を設定します。
バーシフト:何本前のバー(ローソク足)のデーターを対象とするか設定します。(例:直近のバー(ローソク足)を対象。1を選んだ場合、一つ前のバー(ローソク足)を対象とします)。
アラームの設定:アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 


アラームが設定されたことを確認します。


設定した経済指標の時間前に合わせてアラームが作動します。

 


「ボリンジャーバンド」を設定する場合

アラームパラメータ:
シンボル:通貨ペアを選択します。
バー:
期間、価格タイプ(終値,中央値,HLC/3)を設定します。
標準偏差:
標準偏差(σ)、相場が上下のバンドに達した時のアラーム発動条件を設定します。
バーシフト:
何本前のバー(ローソク足)のデーターを対象とするか設定します。(例:直近のバー(ローソク足)を対象。1を選んだ場合、一つ前のバー(ローソク足)を対象とします)
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 

アラームが設定されたことを確認します。


設定したアラーム発動条件に達するとアラームが作動します。
(例:設定したボリンジャーバンドの枠にEURUSDのレートが達した)



「スイングポイント」を設定する場合

アラームパラメータ:
シンボル:通貨ペアを選択します。
スイングバー:
フラクタルがつく条件を設定します。(例:フラクタルがつくローソク足の前後1本が高い・低い場合、フラクタルがつきます)
スイングポイント:
アラーム発動対象となるフラクタルを設定します。(例:上矢印又は下矢印のフラクタルが点灯した場合、アラーム発動)
バーシフト:
何本前のバー(ローソク足)のデーターを対象とするか設定します。(例:直近のバー(ローソク足)を対象。1を選んだ場合、一つ前のバー(ローソク足)を対象とします)
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 

アラームが設定されたことを確認します。


設定したアラーム発動条件に達するとアラームが作動します。
(例:上下矢印どちらかのフラクタルが点灯)



「ストキャスティックス」を設定する場合

アラームパラメータ:
シンボル:通貨ペアを選択します。
%K:
%K(パーセントK)の期間を設定します。
%D:
%D(パーセントD)の期間を設定します。
減速中:
スローイングの値を設定します。
閾値:
%K、%Dのアラーム発動条件を設定します(例:%Kが%Dを上回った際、アラーム発動)
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 

アラームが設定されたことを確認します。


設定したアラーム発動条件に達するとアラームが作動します。
(例:%Kが%Dを上回った際)



「MACD」を設定する場合

アラームパラメータ:
シンボル:通貨ペアを選択します。
M/A 1:
短期EMAの日数を設定します。
M/A 2:
長期EMAの日数を設定します。
シグナル:
シグナル線の日数を設定します。
閾値:
MACD,シグナル線のアラーム発動条件を設定します(例:MACDがシグナル線を上回った際、アラーム発動)
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 

アラームが設定されたことを確認します。


設定したアラーム発動条件に達するとアラームが作動します。
(例:MACDがシグナルを上回った際)



「RSI」を設定する場合

アラームパラメータ:
シンボル:通貨ペアを選択します。
バー:
RSIの日数を設定します。
水準:
RSIの値を設定します。
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 

アラームが設定されたことを確認します。


設定したアラーム発動条件に達するとアラームが作動します。
(例RSIが30を上回った際)



「Average true range」を設定する場合

アラームパラメータ:
シンボル:通貨ペアを選択します。
ATR:
ATRの期間、アラーム発動条件を設定します。(例:期間:14日、ATRが0.01を上回った際、アラーム発動)
バーシフト:
何本前のバー(ローソク足)のデーターを対象とするか設定します。(例:2つ前のローソク足が対象)
アラームの設定:
アラームの「自動リセット時間」「その他」を選択。
アラーム行動:
アラームが発動した際の行動を選択。
変更を保存:
保存を選択。
✽アラームを削除する場合は「削除」、変更を取り消す場合は「取り消し」をクリック
 

アラームが設定されたことを確認します。


設定したアラーム発動条件に達するとアラームが作動します。
(例ATRが0.01を下回った際)


 

 

アラーム編集

設定済みのアラームをクリックするとアラームの編集が可能となります。


クリック後、編集画面内にてアラームを編集し、保存します。


 

インストール方法

 
 
Step1
マイページにログインし、サイドメニューの[オリジナルツール]ボタンを選択するとオリジナルツール一覧が表示されます。[「アラームマネージャー」ダウンロード]をクリックします。
 
 
Step2
[FXTrade-MT4-AlarmManager.exe]を「実行」します。保存が表示される場合は保存してから実行します。
※ご利用のブラウザにより実行や保存メニューの表示が異なります。

 
Step3
FXTF MT4がインストールされているフォルダを選択し、「インストール」ボタンをクリックします。

 
Step4
以下のメッセージが表示された場合、「OK」をクリックしてDLLの使用を許可してください。

 

Step5
インストール完了画面が表示されたら成功です。「OK」ボタンを押して終了して下さい。

FXTF Trade terminalインストール成功

Step6
インストール先のMT4が起動しているときは、エラーメッセージが表示されます。一旦MT4を終了させてから、再度インストールをお試し下さい。

FXTF Trade terminalインストール失敗

Step7
FXTF MT4を起動し、ナビゲーターウィンドウのエキスパートアドバイザーから「FXTF-Alarm Manager」をダブルクリックします。



Step8
小ウィンドウが表示されますので、「全般」タブをクリックして以下赤枠内を全てチェックし「OK」をクリックします。



Step9
自動売買設定をONにします。※自動売買がONの状態でないとアラームは発動しません。

 
 

【免責事項】
『アラームマネージャー(Alarm Manager)』(以下、本サービス)が提供するサービスについては、内容の正確性、完全性および適時性を保証するものではありません。本サービスによって生じたいかなる損害においても、当社は一切の責任を負いかねます事を、ご了承願います。