CCIに売買シグナルを追加した「FXTF – CCI_signal」

「FXTF – CCI_signal」は、標準のCCI(商品チャンネル指数)に視覚的に売買シグナルが分かる機能を追加したインジケーターです。FXTF MT4では初期設定で利用できます。

「FXTF – CCI_signal」とは

「FXTF – CCI_signal」は、MT4標準のCCI (Commodity Channel Index:商品チャンネル指数)に視覚的な売買シグナルを追加したインジケーターです。

「FXTF – CCI_signal」の14期間CCIによるゼロ・ライン抜けから「6本経過したところを売買シグナルとする」という考え方は、CCIの使い手として有名なKen WoodによるWoodie’s CCIに含まれる手法のひとつです。

▼例)「FXTF – CCI_signal」と標準のCCI
上側のサブウィンドウに表示したのが「FXTF – CCI_signal」で、下側に表示しているのがMT4標準のCCIインジケーターです。

CCI_cignal紹介画像

【注意点】
本インジケーターはFXTF MT4(PCインストール版)専用です。他社の提供するMT4上では稼動しませんのでご注意下さい。また、スマホアプリで使用することもできません。

表示方法

ナビゲーターウィンドウの「インディケータ」からインジケーターを選んでチャート上にドラッグ&ドロップすることで、チャート上に表示することができます。

インジケーターをチャートに表示する

CCIトレードの参考セミナー

◎山中流短期テクニカルトレード
「私自身は比較的長めの取引をするスイングトレーダーですが、場合によっては日中取引を何度かするときもあります。今回は、私自身がそのような短期トレードをするときに実際に使っているテクニカルチャートの見方や使い方を説明したいと思います。」
(山中康司氏)

MT4標準のCCI

CCI(商品チャネル指数、Commodity Channel Index)は、価格の統計的な平均価格からの偏差を計測するインジケーター(テクニカル指標)です。

▼例)MT4標準のCCI
CCI

CCIの値が大きい場合、その価格が平均価格と比較して異常に高いことを示し、小さい場合は価格が低すぎることを表します。CCIはどの金融商品にも適用可能で、商品(コモディティ、Commodity)専用というわけではありません。

CCIは例えば、相場の買われ過ぎ/売られ過ぎを見る指標として活用することができます。
CCIは通常、±100の範囲で変化しますが、値が+100を超えると、買われ過ぎの状態を示します。逆にこの値が-100を下回ると、売られ過ぎの状態を示します。

「FXTF – CCI_signal」の売買シグナルについて

「FXTF – CCI_signal」では、MT4標準のCCIと同じ14期間のCCIのほか、短期の6期間CCI(下図ではオレンジの細いライン)を表示します。

また、ゼロラインより上の状態が6期間続けば(過去8本中6本以上がゼロより上)緑のラインがあらわれ、ゼロラインより下の状態が6期間続けば(過去8本中6本以上がゼロより下)赤のラインがあらわれます。

CCIの売買シグナル

▼新規の売買シグナル
・緑のラインが出現→新規買い注文
・赤のラインが出現→新規売り注文

▼決済シグナル
トレンドが反転し、ゼロラインをクロスしたら保有ポジションを決済します。
・新規買い注文発注後、CCIがゼロラインを上から下にクロスしたら決済
・新規売り注文発注後、CCIがゼロラインを下から上にクロスしたら決済

▼参考シグナル
・6期間の短期のCCI(細いライン)は14期間のCCIよりも先に反転し、トレンド反転の前兆として捉えることができます。

  ☆「FXTF – CCI_signal」の14期間CCIによるゼロ・ライン抜けから「6本経過したところを売買シグナルとする」という考え方は、CCIの使い手として有名なKen WoodによるWoodie’s CCIに含まれる手法のひとつです。Ken WoodによるWoodie’s CCIの使い方については、自身のサイト上で日本語のマニュアルが公開されています。

パラメータの初期設定/設定の変更・編集

「FXTF – CCI_signal」は、パラメーター設定を変更することで各種のカスタマイズが可能です。

▼パラメータ設定ウィンドウを開く方法
チャートの右クリックメニュー「表示中のインディケータ」⇒「FXTF – CCI_signal」を選択した状態で「編集」ボタンをクリックでパラメータ設定ウィンドウが開きます。

表示中のインジケーター

パラメータ設定ウィンドウの見方

各項目について、詳細を説明します。

▼パラメーター設定ウィンドウ > タブ「パラメーターの入力」
設定変更後、OKボタンをクリックしてウィンドウを閉じれば設定が反映されます。
画面項目

SlowPeriod CCIの期間を設定します。
初期設定は「14」です。

※通常、変更する必要はありません。
Slowstyle CCIのラインスタイルを設定します。
初期設定は「0」(実線)です。
※0:SOLID(実線)、1:DASH(長音線)、2:DOT(単音線)、3:DASHDOT(長音線と短音線)、4:DASHDOTDOT(長音線と短音線・短音線)の中から選んで設定できます。
Slowwidth CCIラインの太さを設定します。
初期設定は「2」です。
Slowcolor CCIラインのカラーを設定します。
初期設定は「LightSeaGreen」です。
FastPeriod 短期CCIの期間を設定します。
初期設定は「6」です。

※通常、変更する必要はありません。
Faststyle 短期CCIのラインスタイルを設定します。
初期設定は「0」(実線)です。
※0:SOLID(実線)、1:DASH(長音線)、2:DOT(単音線)、3:DASHDOT(長音線と短音線)、4:DASHDOTDOT(長音線と短音線・短音線)の中から選んで設定できます。
Fastwidth 短期CCIラインの太さを設定します。
初期設定は「1」です。
Fastcolor 短期CCIラインのカラーを設定します。
初期設定は「Orange」です。
Histwidth ヒストグラムの通常ラインの太さを設定します。
初期設定は「2」です。
Histcolor ヒストグラムの通常ラインのカラーを設定します。
初期設定は「Silver」です。
Uptrwidth ヒストグラムの上昇ラインの太さを設定します。
初期設定は「2」です。
Uptrcolor ヒストグラムの上昇ラインのカラーを設定します。
初期設定は「Green」です。
Dntrwidth ヒストグラムの下降ラインの太さを設定します。
初期設定は「2」です。
Dntrcolor ヒストグラムの下降ラインのカラーを設定します。
初期設定は「OrangeRed」です。
histLength CCIを過去どのくらい遡って表示するかを設定します。
初期設定は「500」です。
※大きすぎる値を設定すると、処理に時間がかかりMT4の動作が遅くなったりフリーズする可能性があることにご注意下さい。

「FXTF – CCI_signal」のヒストグラムには、通常(初期設定:シルバー)・上昇(初期設定:緑)・下降(初期設定:赤)の3種類のラインがあります。

「FXTF – CCI_signal」のインストール方法(削除時等)

「FXTF – CCI_signal」インジケーターはFXTF MT4ダウンロード時の初期設定から利用できますが、ファイルを削除した場合や、「FXTF – CCI_signal」リリース以前にFXTF MT4をダウンロードした場合は、インジケーター「FXTF – CCI_signal」をダウンロードし、お使いのFXTF MT4にインストール(設定)する必要があります。

FXTF MT4を再インストールいただければ、「FXTF – CCI_signal」が搭載された状態で利用可能です。
※再インストールする場合は、定型チャートやチャート組表示、外部から入手したEA・インジケーター等必要なファイルは、実施前にMT4のフォルダごとバックアップを取得することをおすすめします。

▼メニュー「ファイル」⇒「データフォルダを開く」で開いたデータフォルダに格納されています。
・定型チャート・・・フォルダ『templates』
・チャート組表示・・・フォルダ『profiles』
・EA・・・フォルダ『MQL』⇒『experts』
・インジケーター・・・フォルダ『MQL』⇒『indicators』
・スクリプト・・・フォルダ『MQL』⇒『scripts』

MT4自体を再インストールせず、インジケーター・定型チャートのファイルを個別にインストールしたい場合は以下を参照下さい。

個別にインストールする方法

①マイページからダウンロード
マイページにログインし、FXTF MT4タブ⇒メニュー「オリジナルツール」から

インジケーター「FXTF – CCI_signal」をPCにダウンロードします。
マイページからダウンロード

②データフォルダを開く
FXTF MT4のファイルメニューから「データフォルダを開く」を選び、データフォルダを開きます。
データフォルダ開く

③データフォルダの「MQL4」からフォルダ「indicators」を開きます。
indicatorsフォルダを開く

④フォルダ「indicators」にインジケーター「FXTF – CCI_signal」を保存します。
インジケーターを格納する

⑤ナビゲーターウィンドウ「インディケータ」の右クリックメニューから「更新」を選択します。
リフレッシュ

更新後、「FXTF – CCI_signal」をチャート上にドラッグ&ドロップしてチャートに表示します。

正常に表示されない場合、DLLの使用を許可していない場合がありますので、下記を参考に設定をご確認下さい。

DLLの使用を許可する

ツール>オプション>エキスパートアドバイザー画面の、「DLLの使用を許可する」にチェックを入れることをおすすめします。FXTFオリジナルツールや外部インディケータ、EA等をご利用の際、チェックが外れているとご利用いただけない場合があります。
エキスパート設定