ひろぴー式MT4チャートを表示する方法

複数の移動平均線とRCIを組み合わせたトレーダー・ひろぴー氏オリジナルの「ひろぴー式MT4チャート」をFXTF MT4に導入。初期設定から利用可能です。定型チャート「FXTF_hiropi」を開くだけで簡単にチャートに表示できます。

ひろぴー式MT4チャートを表示する方法

ひろぴー式MT4チャートは、FXTF MT4では定型チャート「FXTF_hiropi」を使うと簡単にチャートに表示することができるので、定型チャートの利用がおすすめです。

【表示方法】
チャート上の右クリックメニュー「定型チャート」から、「FXTF_hiropi」を選びます。
FXTF_hiropi定型チャートを開く
※FXTF MT4では、ダウンロード時の初期設定の状態から無料で利用いただけます。

RCI単体を表示する場合は、それぞれ次の定型チャートを使用するのが簡単です。

定型チャート「FXTF_RCI」・・・RCIをチャートに表示します。

【表示方法②】
MT4のナビゲーターウィンドウの「インディケータ」から「FXTF – RCI」「Moving Average」インジケーターをそれぞれ選んでチャートにドラッグ&ドロップし、必要な設定をすることでチャートに表示することも可能です。
※具体的な設定方法については、下記「ひろぴー式MT4チャートとは」に紹介するひろぴー氏による解説記事を参照下さい。

※FXTF MT4の定型チャート「FXTF_hiropi」のリリース前にFXTF MT4をダウンロードした場合や、ファイルを削除してしまった場合は、FXTF MT4を上書き再インストールするか、

下記の「ひろぴー式MT4チャートのインストール方法(削除時等)」のとおり個別にインジケーターと定型チャートをダウンロードしてインストール(設定)して下さい。

ひろぴー式MT4チャートとは

「ひろぴー式MT4チャート」は、複数の移動平均線とRCIを組み合わせたトレーダー・ひろぴー氏オリジナルのチャート設定です。

詳しい設定方法や活用方法については、下記に紹介するひろぴー氏の動画セミナーや、解説記事を参照下さい。

ひろぴー式MT4チャート解説(移動平均線+RCI)※WEBセミナー

ひろぴー式MT4チャート

◎ひろぴー式MT4チャート設定方法
定型チャートを利用せずに一から設定する方法です。※MT4のスマホアプリで解説しています。
スマホ MT4を設定(FXTF公式ブログ 2016年1月8日)
スマホ用MT4でテクニカル設定方法①(FXTF公式ブログ 2016年1月12日)
スマホ用MT4でテクニカル設定方法②(FXTF公式ブログ 2016年1月14日)

スマホアプリでは定型チャートを利用できないため、上記解説記事の方法での設定が必要です。

ひろぴー式MT4チャートのインストール方法(削除時等)

RCIのインジケーターとひろぴー式MT4チャートの定型チャートはFXTF MT4ダウンロード時の初期設定から利用できますが、

ファイルを削除した場合や、上記ツールのリリース以前にFXTF MT4をダウンロードした場合は、

インジケーター「FXTF – RCI」定型チャート「FXTF_hiropi」をダウンロードし、お使いのFXTF MT4にインストール(設定)する必要があります。(RCIを導入済みであれば、定型チャートのみ設定します)

FXTF MT4を再インストールいただければ、ひろぴー式MT4チャートが搭載された状態で利用可能です。
※再インストールする場合は、定型チャートやチャート組表示、外部から入手したEA・インジケーター等必要なファイルは、実施前にMT4のフォルダごとバックアップを取得することをおすすめします。

▼メニュー「ファイル」⇒「データフォルダを開く」で開いたデータフォルダに格納されています。
・定型チャート・・・フォルダ『templates』
・チャート組表示・・・フォルダ『profiles』
・EA・・・フォルダ『MQL』⇒『experts』
・インジケーター・・・フォルダ『MQL』⇒『indicators』
・スクリプト・・・フォルダ『MQL』⇒『scripts』

MT4自体を再インストールせず、インジケーター・定型チャートのファイルを個別にインストールしたい場合は以下を参照下さい。

個別にインストールする方法

※RCIをまだ導入していない、という前提で説明します。導入済みの場合は、定型チャートの箇所のみ参照下さい。

①マイページからダウンロード
マイページにログインし、FXTF MT4タブ⇒メニュー「オリジナルツール」から

インジケーター「FXTF – RCI」と
定型チャート「FXTF_hiropi」

をPCにダウンロードします。
マイページからダウンロード

②データフォルダを開く
FXTF MT4のファイルメニューから「データフォルダを開く」を選び、データフォルダを開きます。
データフォルダ開く

③データフォルダのフォルダ「templates」を開く
データフォルダ開く

④フォルダ「templates」に定型チャート「FXTF_hiropi.tpl」を保存します。
定型チャートを格納する

⑤データフォルダの「MQL4」からフォルダ「indicators」を開きます。
indicatorsフォルダを開く

⑥フォルダ「indicators」にインジケーター「FXTF – RCI.ex4」を保存します。
インジケーターを格納する

⑦ナビゲーターウィンドウ「罫線分析ツール」の右クリックメニューから「更新」を選択します。
リフレッシュ
更新後、上記の「ひろぴー式MT4チャートを表示する方法」を参考に、定型チャートを使ってひろぴー式MT4チャートをチャートに表示します。

正常に表示されない場合、DLLの使用を許可していない場合がありますので、下記を参考に設定をご確認下さい。

DLLの使用を許可する

ツール>オプション>エキスパートアドバイザー画面の、「DLLの使用を許可する」にチェックを入れることをおすすめします。FXTFオリジナルツールや外部インディケータ、EA等をご利用の際、チェックが外れているとご利用いただけない場合があります。
エキスパート設定