2016年トップストラテジーコンテスト結果

2016年のミラートレーダー自動売買による損益ランキングを公表。損益トップのトレーダーが運用するトップストラテジーとは。トレーダーの資産を最も減らしたワーストストラテジーも併せて公表しています。

トップストラテジーコンテスト

①トレーダーごとのストラテジー自動売買による決済損益によりランキングを決定しています。
②損益はトップストラテジー単独の損益ではなく、トレーダーのポートフォリオ全体の損益実績です。
③トップストラテジーとは、トレーダーのポートフォリオ中最も利益に貢献したストラテジーです。
④手動決済・ライブシグナルによるセミオート取引・評価損益・スワップはランキング集計対象外です。

2016年4月ランキング結果

2016年2月~4月のトップストラテジーは「QuickShift GBPAUD」、
次いで「WaveRider GBPJPY」

集計期間:2016年2月1日~4月29日

順位 ニックネーム 損益 勝率 トップストラテジー
1位 未登録 +53万9,418円 42勝32敗 (57%) QuickShift GBPAUD
2位 未登録 +22万2,476円 76勝56敗 (58%) WaveRider GBPJPY
3位 未登録 +19万7,180円 61勝5敗 (92%) (-)nianchuyifx EURUSD
4位 未登録 +9万2,925円 20勝27敗 (43%) Slalom USDJPY
5位 未登録 +7万6,206円 6勝3敗 (67%) QuickShift EURJPY
6位 未登録 +6万7,524円 14勝18敗 (44%) QuickShift EURJPY
7位 未登録 +6万0,012円 61勝22敗 (73%) TidalWave GBPUSD
8位 未登録 +4万8,040円 13勝8敗 (62%) WaveRider GBPJPY
9位 未登録 +3万4,416円 7勝5敗 (58%) QuickShift EURGBP
10位 未登録 +3万3,551円 158勝36敗 (81%) Matigeni USDCAD

上位で目立つのは「損小利大」のストラテジー中心にポートフォリオを組んだ運用で、QuickShift、WaveRiderが上位を占めました。その他、TidalWave、Slalomも同じく損小利大のストラテジーです。

【損小利大ストラテジー】
QuickShiftポートフォリオ検証

WaveRider GBPJPY 7年連続損益プラスの損小利大ストラテジー
TidalWave GBPJPY 稼動90ヶ月中24ヶ月が1,000pips超。高リスク高リターンストラテジー
TidalWave GBPUSD 2016年に入り、リスクリターン率が改善
Slalom USDJPY マイナス金利導入後の乱高下相場で大きな利益を出したストラテジー

【コツコツドカン型の利小損大ストラテジー】
nianchuyifx EURUSD 推奨証拠金の30%超のドローダウンリスク発生
※nianchuyifx EURUSDは、ここ最近ユーザーから注目を集めているストラテジーでしたが、最大ドローダウンが約1,400pips発生し、推奨証拠金の30%を失っており、運用の停止が推奨される水準です。

①損小利大・・・平均利益>平均損失のトレード。勝率はやや低め。
 ※取引回数が少なすぎると、1回の大きなトレード利益に依存しがち
②バランス型・・・平均利益と平均損失が近い。勝率はやや高め。
③利小損大・・・平均利益<平均損失のトレード。勝率は高め(※こつこつドカン)。
 ※こつこつ積み上げた利益をドカンと損して失うリスクあり

ワーストストラテジー

2016年2月~4月のワーストストラテジーは「Tuxedo USDCAD」

順位 ワーストストラテジー
1位 Tuxedo USDCAD
2位 GoldenFx NZDJPY
3位 New One EURGBP
4位 Atol USDJPY
5位 ThirdBrainFx CADJPY
6位 Taiyo AUDUSD
7位 ThirdBrainFx EURJPY
8位 Haoforex AUDUSD
9位 Haoforex AUDUSD
10位 ThirdBrainFx EURJPY

①トレーダーごとのストラテジー自動売買による決済損益によりランキングを決定(損失の大きい順)。
②ワーストストラテジーとは、トレーダーのポートフォリオ中最も損失を出したストラテジーです。

2016年3月ランキング結果

2016年2月~3月のトップストラテジーは「QuickShift GBPAUD」

集計期間:2016年2月1日~3月31日

順位 損益 勝率 トップストラテジー
1位 +44万6,960円 34勝31敗 (52%) QuickShift GBPAUD
2位 +43万2,233円 28勝23敗 (55%) (-)nianchuyifx EURUSD
3位 +28万4,277円 8勝9敗 (47%) QuickShift EURJPY
4位 +10万2,197円 45勝2敗 (96%) (-)nianchuyifx EURUSD
5位 +9万1,308円 22勝2敗 (92%) (-)nianchuyifx EURUSD
6位 +8万7,040円 39勝10敗 (80%) ThirdBrainFx NZDJPY
7位 +8万5,683円 79勝25敗 (76%) (-)nianchuyifx EURUSD
8位 +7万9,457円 4勝2敗 (67%) QuickShift EURJPY
9位 +7万9,058円 54勝18敗 (75%) ShortGun EURGBP
10位 +7万4,872円 29勝8敗 (78%) StayProfit EURGBP

上位で目立つのは「損小利大」のストラテジー中心にポートフォリオを組んだ運用でした。今回は特にQuickShiftが上位を占めました。

【損小利大ストラテジー】
QuickShiftポートフォリオ検証

QuickShift EURUSD 高リスクリワードレシオで6年連続損益プラスのストラテジー
QuickShift GBPJPY 損小利大。チャンスで大きく利益を伸ばすストラテジー
QuickShift EURGBP 少額で運用でき、リスクを抑え長期に利益を狙えるストラテジー

また、新たな傾向として、「nianchuyifx EURUSD」の運用を開始するトレーダーが増加しており、今注目されいるストラテジーです。

【バランス型ストラテジー】
nianchuyifx EURUSD 注目の集まるバランス型ストラテジー
※稼動から半年程度しか経過しておらず、今後のドローダウン(累積損益の落ち込み)発生には注意が必要です。

①損小利大・・・平均利益>平均損失のトレード。勝率はやや低め。
 ※取引回数が少なすぎると、1回の大きなトレード利益に依存しがち
②バランス型・・・平均利益と平均損失が近い。勝率はやや高め。
③利小損大・・・平均利益<平均損失のトレード。勝率は高め(※こつこつドカン)。
 ※こつこつ積み上げた利益をドカンと損して失うリスクあり

ワーストストラテジー

2016年2月~3月のワーストストラテジーは「Pminvestcapital EURGBP」

順位 ワーストストラテジー
1位 Pminvestcapital EURGBP
2位 GoldenFx EURGBP
3位 Tuxedo USDCAD
4位 GL-FOREX AUDNZD
5位 ThirdBrainFx CADJPY
6位 Haoforex AUDUSD
7位 100-NBA EURNZD
8位 Taiyo USDJPY
9位 ExoticFx USDJPY
10位 ThirdBrainFx EURJPY

①トレーダーごとのストラテジー自動売買による決済損益によりランキングを決定(損失の大きい順)。
②ワーストストラテジーとは、トレーダーのポートフォリオ中最も損失を出したストラテジーです。

2016年2月ランキング結果

2016年2月のトップストラテジーは「Atol AUDUSD」

集計期間:2016年2月1日~2月29日

順位 損益 勝率 トップストラテジー
1位 +57万0,913円 108勝36敗 (75%) Atol AUDUSD
2位 +43万2,233円 28勝23敗 (55%) QuickShift GBPAUD
3位 +23万2,909円 47勝28敗 (63%) TidalWave GBPJPY
4位 +11万7,370円 4勝7敗 (36%) QuickShift EURJPY
5位 +10万6,655円 95勝56敗 (63%) fxinrsbroker4 EURCAD
6位 +9万9,764円 43勝58敗 (43%) WaveRider GBPJPY
7位 +6万9,872円 7勝11敗 (39%) Slalom USDJPY
8位 +5万1,585円 77勝33敗 (70%) Tuxedo USDCAD
9位 +4万3,727円 2勝1敗 (67%) QuickShift EURJPY
10位 +3万6,189円 27勝17敗 (61%) QuickShift NZDJPY

①損小利大・・・平均利益>平均損失のトレード。勝率はやや低め。
 ※取引回数が少なすぎると、1回の大きなトレード利益に依存しがち
②バランス型・・・平均利益と平均損失が近い。勝率はやや高め。
③利小損大・・・平均利益<平均損失のトレード。勝率は高め(※こつこつドカン)。
 ※こつこつ積み上げた利益をドカンと損して失うリスクあり

ワーストストラテジー

2016年2月のワーストストラテジーは「Pminvestcapital EURGBP」

順位 ワーストストラテジー
1位 Pminvestcapital EURGBP
2位 Atol USDJPY
3位 ThirdBrainFx CHFJPY
4位 ThirdBrainFx EURJPY
5位 ThirdBrainFx CADJPY
6位 ThirdBrainFx AUDJPY
7位 ThirdBrainFx EURJPY
8位 Taiyo USDJPY
9位 Pminvestcapital EURGBP
10位 ReenFx CADJPY

ThirdBrainFxストラテジーが目立ちます。ThirdBrainFxの運用には十分注意が必要です。

【運用を停止したいストラテジー】
ThirdBrainFx 毀誉褒貶が激しいストラテジー。長期運用は困難
Taiyo USDJPY 2016年2月に大きく最大ドローダウンを更新
Pminvestcapital EURGBP – 2015年後半から成績悪化

①トレーダーごとのストラテジー自動売買による決済損益によりランキングを決定(損失の大きい順)。
②ワーストストラテジーとは、トレーダーのポートフォリオ中最も損失を出したストラテジーです。

検証ストラテジー(監修:本郷喜千氏)

「一つの通貨ペアだけでなく、他の通貨ペアでも良い成績をあげているストラテジーは、根底でよい売買ロジックを持っている」という考えの元、ミラートレーダーのストラテジーをピックアップして、「同一ストラテジーの複数通貨ペアポートフォリオ」で検証していきます。

集計期間:2016年2月1日~4月29日

検証ストラテジー 損益(収益率) 勝率 運用資金 今後の方針
QuickShift(8通貨ペア) +40万2,625円(+33.6%) 40勝42敗(48.8%) 120万円 継続
TidalWave(5通貨ペア) +2万5,651円(+1.1%) 96勝129敗(42.7%) 230万円 継続
WaveRider(3通貨ペア) +22万6,902円(+45.4%) 33勝36敗(47.8%) 50万円 継続

実績や統計データの詳細について:検証ストラテジー一覧