山中康司のMT4裁量取引セミナー

FXTF独自の「ミニターミナル」で裁量取引に使いやすく進化!世界標準のFXツール=MT4で裁量トレードを行う方法を解説します。

FXTFのMT4はここがちがう!ミニターミナルを使おう

MT4は実は、裁量トレードをする上で非常に優れたFXツールです。FXTF MT4でトレードを始めるにあたって、ぜひ一度ご覧ください。

証拠金計算パネル・スマートライン

証拠金計算パネル・スマートライン

証拠金計算パネル・スマートライン

ミニターミナル(Mini terminal)では、証拠金計算パネルで新規に注文する前に必要な証拠金や注文成立後の実質レバレッジを計算することができます。スマートラインは、価格がラインにタッチしたときに決済する条件を設定できる機能です。
(2016年2月23日リリースの新バージョン版機能)

セミナーは本新機能を追加する前に収録したものですが、ミニターミナルの基本的な機能は同じですので変わらずご活用いただける内容です。
(セミナー収録:2015年10月、新機能追加:2016年2月)

その他の独自ツール紹介

裁量トレードに便利なFXTF独自のFXツールを紹介します。特にチャート上に経済指標発表の予定を表示するインジケーター『FXTF – Calendar』はおすすめです。

20160331_仕様確認はこちら
20160331_お取引までの流れはこちら

準主要通貨と外貨クロスの魅力

「MT4で取引される方は、USDJPY・EURJPY・GBPJPYなどを取引されている方が多いと思います。

しかし意外とGBPAUD、AUDCADなどの通貨ペアを積極的に取引している方も世の中多くいらっしゃいます。今回、メジャー通貨以外、一般的にはマイナーと思われている通貨ペアの取引についてお話したいと思います。」(山中康司氏)

※資料p.13~14に、リード通貨について(p.7)の補足説明を追加しております。

【概要】
○31通貨ペア一覧 / ○10カ国の通貨の組み合わせ / ○通貨ペアの分類
○通貨と国(変動要因) / ○通貨の特徴
○通貨ペアを分解する
 ・リード通貨を知る(通貨ペアの強弱)
○FXのポートフォリオ(リスク分散)
○相関係数(ツール「Symbol Soukan」)

山中康司氏プロフィール

山中康司氏 山中康司(やまなか やすじ)氏
1982年バンク・オブ・アメリカ入行。為替トレーディングに従事。1989年バイスプレジデント、1993年プロプライエタリー・マネージャーを経て、1997年日興証券に移籍。1999年日興シティ信託銀行外為推進課長、為替資金部次長として為替トレーディングとマーケティングを統括。

2002年金融関連のコンサルティング会社アセンダント設立・取締役。独自のサイクル分析やテクニカル分析に基づくシステムトレードなどに関連するレポートの配信、セミナー、国内外の専門誌への寄稿等で活躍中。著書に『テクニカル指標の読み方・使い方』などがある。

山中康司氏による為替情報発信サイト
www.ascendant.jp

山中康司氏のセミナー内容に関する質問はこちらをご利用ください。
セミナーサポート掲示板(外部サイト)

【関連】ひろぴー流MT4裁量取引セミナー

MT4で裁量トレードを行う方法を、専業トレーダーとして活躍中のひろぴー氏がFX資金管理の基本から解説。

▼バナークリックで視聴ページへ

ひろぴー流MT4裁量取引セミナー

【当社主催のセミナーについて】
本コンテンツにて紹介するセミナーは、FXトレード・フィナンシャルが主催するセミナ­ーです。本セミナーでは、ご参加頂いたお客様に店頭デリバティブ取引の紹介、説明をさ­せていただきますので、あらかじめご了承下さい。また本セミナーは、投資判断の参考と­なる情報の提供を目的として開催するもので、投資方針や時期選択などの最終決定はご自­身で判断されますよう、お願い致します。