ビル・ウィリアムスのインジケーター

アリゲーターやフラクタル、オーサム オシレーターなど、ビル・ウィリアムスが考案したテクニカル指標を紹介します。これらはMT4初期設定の状態で使える標準のインジケーター(罫線分析ツール)です。

Alligator(アリゲーター)

alligator

相場の15~30%でしか明確なトレンドは発生しないと考えられており、トレンドが発生するまでは売買を手控え、トレンドが発生したタイミングでのみそのトレンドに追跡する(トレンドフォロー)ことが重要です。アリゲーターは、トレンドの発生をとらえて市場に参加するために考案されたテクニカル指標です。

青線 (アリゲーターのあご)
チャートを描くために使用された期間 のバランスラインです。
(8目盛り分未来方向にずらした13期間の平滑移動平均)

赤線 (アリゲーターの歯)
1レベル下げた価格期間ののバランスラインです。
(5目盛り分未来方向にずらした8期間の平滑移動平均)

緑線 (アリゲーターの唇)
さらに1レベル下げた価格期間ののバランスラインです。
(3目盛り分未来方向にずらした5期間の平滑移動平均)

アリゲーターの基本的な利用方法

3本の線が拡散し始めたときに順張り、収束するときに利益確定の決済とするのがアリゲーターの基本的な考え方です。

アリゲーターになぞらえて、次のように説明されているので、参考までに引用します。

「あご、歯、唇が閉じている、またはもつれ合っているときは、アリゲーターが眠りに入る、もしくはすでに眠っていることを意味します。アリゲーターは眠りながら腹を空かせていきます。長く眠れば眠るほど、目覚めたときの空腹感は強くなります。

眠りから覚めた後の最初の行動は、口を開いてあくびをすることです。そして鼻腔に漂ってくる食べ物の匂いを嗅ぎつけるのです。それは雄牛(ブル)の肉かもしれませんし、熊(ベア)の肉かもしれません。アリゲーターは狩りを開始します。

たらふく食べて満腹になると、アリゲーターは食べ物/価格に対する関心を失くし始めます(バランスラインが合流します)。ここが利益確定のタイミングです。」

Gator Oscillator(ゲーターオシレーター)

Gator Oscillator

Gator Oscillator(ゲーターオシレーター)はアリゲーター(Alligator)に基づいており、バランスライン(平滑移動平均)の収束/拡散の程度を示すインジケーター(テクニカル指標)で、アリゲーターの拡散・収束をもとに売買するときに参考として利用することができます。

ゲーターオシレーターの上側のバーは、アリゲーターの青線と赤線の値の絶対差です。下側のバーは、アリゲーターの赤線と緑線の値の絶対差ですが、バーチャートが反転して引かれるのでマイナスの符号が付きます。

Fractals(フラクタル)

Fractals

Fractals(フラクタル)は、Fractalsは、相場の底値や高値を検知するためのインジケーター(テクニカル指標)です。

フラクタルは、少なくとも5つ連続するローソク足の中で、最も高い高値(HIGH)が中心にあり、それよりも低い2つの高値が両側にあるときに、ローソク足の上側に上昇の矢印を表示します。

逆に、少なくとも5つ連続するローソク足の中で、最も低い安値(LOW)が中心にあり、それよりも高い2つの安値が両側にあるときに、ローソク足の下側に下降の矢印を表示します。

Accelerator Oscillator(AC、アクセラレーターオシレーター)

Accelerator Oscillator

Accelerator Oscillator(AC、アクセラレーターオシレーター)は、現在の相場の勢いの加速度と減速度を測るインジケーター(テクニカル指標)です。

相場の勢いの方向性の変化は、相場の価格の方向性の変化より先行して起こり、さらにその相場の勢いよりも先行してアクセラレーターオシレーターの方向性は変化すると言われています。

そのため、アクセラレーターオシレーターは、早期警戒のシグナルとして有効と考えることができます。

①②早期警戒シグナルとして利用する

①アクセラレーターオシレーターのゼロ(0)ライン
ゼロラインは基本的に、相場の勢いが「加速度」と均衡している点です。ACがゼロを上回る場合、通常は加速の上昇の持続が容易となります(ゼロを下回る場合は、その逆となります)。

②アクセラレーターオシレーターは警戒サイン
アクセラレーターオシレーター、「現在のアクセラレーターオシレーターが赤いときは、買うべきではない/現在が緑色のときは、売るべきではない」という警戒のサインとして利用することができます。

③④売買サインとして利用する

Awesome Oscillatorの場合とは異なり、ゼロラインをクロスするときが売買シグナルではありません。

③基本的な売買サインの考え方
ゼロを上回る緑色のアクセラレーターオシレーターが2本連続で続くことが買い注文をする条件です。逆に、ゼロを下回る赤色のアクセラレーターオシレーターが2本連続で続くことが、売り注文をする条件です。

④アクセラレーターオシレーターが売買の方向と逆のとき
アクセラレーターオシレーターがゼロラインより下で買い注文をするとき(相場の勢いと注文の方向が逆のとき)は、さらにもう1本確認が必要となり、緑色が3本連続で続くことが買いの条件となります。逆に、アクセラレーターオシレーターがゼロラインより上で売り注文をするときは、赤色が3本連続で続くことが売りの条件と考えます。

Awesome Oscillator(AO、オーサムオシレーター)

Awesome Oscillator

Awesome Oscillator(AO、オーサムオシレーター)は、34期間の単純移動平均をバーの中央点(高値+安値)/2にプロットし、5期間の単純移動平均から差し引いた値を、バーの中央点(高値+安値)/2の上下に図示します。オーサムオシレーターは、その時点の相場の勢い(driving force、原動力)の状況を明確に示すと考えた指標です。

Market Facillitation Index(MFI)

MFI

Market Facillitation Index(MFI)は、1ティックの価格の変動を示すインジケーター(テクニカル指標)です。

ビル・ウィリアムスは、たとえば、MFIと出来高が増加する場合、市場の新しい参加者がローソク足と同じ方向でポジションをオープンしている、つまり相場に動きが始まり速度を上げている、などの見方ができると考えました。