MT4の画面の見方

MT4の画面は主に、様々な機能が利用できるメニューバー、ツールバー、価格表示や注文ができる気配値表示、テクニカル指標やEAが一覧表示されるナビゲーター、口座残高やポジションを確認するターミナル、そしてチャートウィンドウで構成されます。

MT4の画面構成

MT4の画面構成

①メニューバー
主な機能はメニューから利用できます。

②ツールバー
アイコンをクリックして様々な機能をすぐに使えます。

③気配値表示ウィンドウ
トレードできる通貨ペアや売買価格(ビッド:売値、アスク:買値)が表示されます。ウィンドウ下部の「ティックチャート」タブを選んでティックチャートを表示させることもできます。

④ナビゲーターウィンドウ
口座や罫線分析ツール、EA、スクリプトがツリー上に表示されます。FXTFのホームページやマイページに移動することもできます。ウィンドウ下の「お気に入り」タブには、よく使うツールを登録しておくことができます。

⑤ターミナルウィンドウ
口座残高や保有ポジション・取引履歴の確認、アラームの作成やメール通知の確認などを行えます。

⑥ステータスバー
各種ステータスを表示します。
1)MT4の現在の通信状態・サーバー接続状態を表示。
2)チャート上でマウスオーバーした箇所の四本値(O:始値、H:高値、L:安値、C:終値)とV:出来高を表示。
3)現在チャートウィンドウに表示している「チャート組」の名称を表示。チャート組の保存や切替・削除も可能。

⑦データウィンドウ
選択したチャートのデータを表示します。マウスオーバーしたローソク足の四本値(始値・高値・安値・終値)や出来高、チャートに適用している罫線分析ツールなど。
※初期状態は非表示です。

⑧チャートウィンドウ
チャートを表示します。ウィンドウに複数のチャートを表示させることもできます。

メニューバーの機能

MT4の主な機能は、各種メニューから利用できます。
各メニューをクリックすると、その配下のサブメニューがプルダウンで表示されます。

(1)ファイル、(2)表示、(3)挿入、(4)チャート、(5)ツール、(6)ウィンドウ、(7)ヘルプ

メニューバー > (1)ファイル

新規チャートの表示やログイン、チャートの保存・印刷などの機能を利用できます。

MT4メニューのファイル

新規チャート
新規にチャートを開きます。選んだ通貨ペアのチャートが開きます。一覧にない通貨ペアは、「Forex」からさらに探すことができます。

オフラインチャート
オフラインの状態(最新のレートが更新されない状態)で過去のチャートを表示します。

チャートの再表示
過去に削除したチャートを再度表示します。
※チャートの削除履歴を削除したいときは、「チャートの再表示」⇒「削除」から履歴を選び、確認画面で「OK」ボタンをクリックすれば履歴を削除することができます。

チャートの組表示
複数のチャートのセットを「チャート組」として保存したり、保存したチャート組の呼び出し(切替)や削除ができます。

チャートを閉じる
選択中のチャートを閉じます。

名前を付けて保存
選択中のチャートをCSVやHTML形式で保存します。

画像として保存
チャートを画像として保存します。

画像の保存ウィンドウの「画像をオンラインでMQL5チャートサービスにアップロードし、リンクを取得する」にチェックを入れてから「OK」ボタンをクリックして保存すると、保存したチャートの画像をブラウザ上(MQL5コミュニティサイト上)に表示させることができます。
※本機能は、FXTFではサポート対象外です。

データフォルダを開く
EAやインジケーター(罫線分析ツール)・テンプレート等を保存しているフォルダを開きます。
※PCでMT4をインストールした先のフォルダを開きます。

デモ口座の申請
こちらは利用いただけません。デモ口座開設は、FXTFのウェブサイトからお申込み下さい。

取引口座にログイン
ログイン画面を開きます。

Login to MQL5.community
メタクオーツ・ソフトウェア社のMQL5コミュニティの登録画面を開きます。
※本機能は、FXTFではサポート対象外です。

プリンターの設定
チャートを印刷するプリンターの設定画面を開きます。

印刷プレビュー
チャートの印刷画面のプレビューを表示します。

印刷
チャートを印刷します。

プログラムの終了
MT4を終了します。

メニューバー > (2)表示

ツールバーやウィンドウの表示・非表示の切替や、画面の言語切替、全画面表示などMT4の画面表示に関する機能を利用できます。

MT4メニューの表示

Languages(言語)
画面で使われる言語を選べます。日本語=Japanese

ツールバー
ツールバーの表示・非表示を切り替えます。
※「カスタマイズ」では、ツールバーの表示アイコンをお好みでカスタマイズすることができます。

ステータスバー
ステータスバーの表示・非表示を切り替えます。

チャートバー
チャートバーの表示・非表示を切り替えます。

気配値表示
気配値表示ウィンドウの表示・非表示を切り替えます。

データ・ウィンドウ
データウィンドウの表示・非表示を切り替えます。

ナビゲーター
ナビゲーターウィンドウの表示・非表示を切り替えます。

ターミナル
ターミナルウィンドウの表示・非表示を切り替えます。

ストラテジーテスター
テスターウィンドウの表示・非表示を切り替えます。
※EAのバックテストの際に使用します。

チャート全画面表示
チャートを全画面表示します。再度選択することで通常表示に戻せます。

メニューバー > (3)挿入

チャート上にテクニカル指標やライン・矢印・図形・テキストなどを表示させることができます。

MT4メニュー「挿入」

罫線分析ツール
罫線分析ツール(インジケーター)をチャートに表示します。罫線分析ツールは、移動平均線や一目均衡表などテクニカル指標をチャート上に描画するためのMT4のプログラムです。

ライン
チャートに水平ラインや垂直ライン、トレンドラインを引くことができます。

チャネル
チャートにフィボナッチやチャネルラインなど(フィボナッチ・線形回帰・等距離・標準偏差)を表示します。

ギャン
ギャンライン、ギャンファン、ギャングリッドをチャートに表示します。
※米国のトレーダーである、ウィリアム・D.ギャンのトレード手法をもとにしたツール。

フィボナッチ
フィボナッチ(リトレースメント、タイムゾーン、ファン、アーク、駅スパンション)をチャート上に表示します。

図形
長方形・三角形・楕円をチャート上に表示します。

矢印類
矢印やチェックサインなどの各種マークをチャート上に表示します。

アンドリューズ・ピッチフォーク
アンドリューズ・ピッチフォーク(3つの点に基づいて描かれた、平行なトレンドライン)をチャート上に表示します。ラインを表示したい点を3点指定することで表示できます。

サイクル・ライン
サイクル・ライン(等間隔で引いた一連の垂直線)をチャート上に表示します。サイクル・ラインは、始点から終点までドラッグ&ドロップで引くことができます。

テキスト
チャート上にテキストを表示します。

【表示方法】
テキストを選択肢、チャート上に表示したい箇所をクリックします。テキストの入力画面が表示されるので、テキストを入力して下さい。フォントやサイズ・カラーも指定できます。

テキストラベル
テキストとテキストラベルは類似の機能です。テキストはチャートを動かすと表示テキストも移動しますが、テキストラベルはチャートを動かしても表示位置が入力した地点で固定という違いがあります。

メニューバー > (4)チャート

チャートウィンドウ上の表示内容を変更します。ローソク足などチャート表示形式の変更や、時間足(周期設定)の変更、グリッド表示切替など。チャート背景やローソク足の色の変更はプロパティから行えます。

MT4メニュー「チャート」

表示中の罫線分析ツール
現在チャート上に表示している罫線分析ツールを表示します。

ライン等の設定
現在チャートに表示しているラインや矢印類等の編集や削除を行います。

バーチャート
チャートの表示形式をバーチャートに切り替えます。

ロウソク足
チャートの表示形式をローソク足に切り替えます。

ラインチャート
チャートの表示形式をラインチャートに切り替えます。

チャートを前面表示
チャート(ローソク足等)を罫線分析ツール(テクニカル指標)やライン・テキストなどのオブジェクト等より前面に表示します。
※チャートにテクニカル指標を表示すると、ローソク足が見づらくなる場合がありますが、そのような場合に前面に表示して見やすくできます。

周期設定
チャートの表示期間(時間足)を変更します。

定型チャート
定型チャートの保存や適用、削除を行えます。
※設定をカスタマイズしたチャートを「定型チャート」というテンプレートとして保存することで、保存したチャートの設定を他のチャートに簡単に適用することができます。

更新
チャート情報を最新化します。

グリッド
グリッドの表示・非表示を切り替えます。

出来高
出来高の表示・非表示を切り替えます。※出来高には、市場の取引量ではなくティックの量を表示します。

自動スクロール
ONのとき、チャートの更新時に自動的に表示位置を右端にスクロールします。OFFにすると、チャートが更新されても(最新の価格が配信されても)表示位置が自動でスクロールしなくなります。

チャートの右端移動
チャートの最新のローソク足の右側にスペースを作ります。

ズームイン
チャートの表示を5段階に拡大します。

ズームアウト
チャートの表示を5段階に縮小します。

ステップ・バイ・ステップ
チャートの表示位置を区切りごとに移動します(ローソク足1本ずつスクロールします)。

プロパティ
チャートの背景やローソク足の色(カラー)の変更など、チャートの設定を行えます。

メニューバー > (5)ツール

ヒストリーセンターやメタエディターの起動を行えます。オプションでは、売買に関わる設定(EAやワンクリック注文、初期設定のロット数等)やメールなど各種の設定を行えます。

MT4メニュー「ツール」

新規注文
注文の発注ウィンドウを表示します。

ヒストリーセンター
ヒストリーセンターから過去の価格データ(ヒストリカルデータ)をダウンロードし、過去の長期間のチャートデータでEAのバックテストを行う際などに使用できます。
※メタクオーツ・ソフトウェア社が提供するデータのため、データの完全性と正確性についてFXTFでは保証しておりません。

グローバル変数
グローバル変数の表示・追加・削除を行えます。

メタエディター
MQL言語のプログラム作成・編集ツールとしてMT4に標準で搭載されているエディターソフトです。

オプション
オプションでは、売買に関わる設定(EAの稼動やワンクリック注文、初期設定のロット数等)やメール設定・スマートフォンへのプッシュ通知設定など各種の設定を行えます。

メニューバー > (6)ウィンドウ

複数のチャートウィンドウの整列や、新規チャートの表示を行えます。プルダウン下部(「アイコンの整列」以下)には現在表示中のチャートが一覧で表示され、チェックを入れたチャートがアクティブ表示されます。

MT4メニュー「ウィンドウ」

新規チャート
新規にチャートを表示します。

ウィンドウの整列
現在開いている複数のチャートウィンドウを自動で整列します。

重ね表示
現在開いている複数のチャートを重ねて一括で表示します。

水平分割
現在開いている複数のチャートを縦一列(水平分割)に表示します。

垂直分割
現在開いている複数のチャートを横一列(垂直分割)に表示します。

アイコンの整列
最小化した複数のチャートウィンドウを整列します。

メニューバー > (7)ヘルプ

メタクオーツ・ソフトウェア社が提供するMT4のユーザーガイドや、MT4のコミュニティサイトに移動できます。また、ここからMT4のバージョン(Build番号)を確認したり、iPhoneアプリ・Androidアプリを入手できるサイト(App Store、Google Play)に移動できます。

MT4メニュー「ヘルプ」

ヘルプ・トピックス
メタクオーツ・ソフトウェア社が提供するMT4のユーザーガイドです。
※FXTFでは、サポート対象外です。

テクニカル分析
メタクオーツ・ソフトウェア社が提供する、コミュニティサイト上にあるテクニカル分析関連の情報です(英文のみ)。
※FXTFでは、サポート対象外です。

モバイルトレーディング
iPhoneアプリ・Androidアプリを入手できるサイト(App Store、Google Play)に移動できます。

MQL4.community
メタクオーツ・ソフトウェア社が提供する、MT4のコミュニティサイトに移動します。
※FXTFでは、サポート対象外です。

MQL5.community
メタクオーツ・ソフトウェア社が提供する、MT4のコミュニティサイトに移動します。
※FXTFでは、サポート対象外です。

バージョン情報
MT4のバージョン情報(Build番号)を確認できます。

ツールバーの機能

MT4では、ツールバーのアイコンをクリックして様々な機能をすぐに使うことができます。
MT4ツールバー上段

①新規チャート
(New Chart)

新規にチャートを開きます。選んだ通貨ペアのチャートが開きます。一覧にない通貨ペアは、「Forex」からさらに探すことができます。

②チャート組
(Chart Group)

複数のチャートのセットを「チャート組」として保存したり、保存したチャート組の呼び出し(切替)や削除ができます。

③気配値表示
(Market Watch)

気配値表示ウィンドウを表示します。

④データウィンドウ
(Data Window)

データウィンドウを表示します。

⑤ナビゲーター
(Navigator)

ナビゲーターウィンドウを表示します。

⑥ターミナル
(Terminal)

ターミナルウィンドウを表示します。

⑦ストラテジーテスター
(Strategy Tester)

テスターウィンドウを表示します。

⑧新規注文
注文の発注画面を開きます。

⑨メタエディター
(Meta Editor)

メタエディターを起動します。 ※メタエディターは、MQL言語のプログラム作成・編集ツールとしてMT4に標準で搭載されているエディターソフトです。

⑩自動売買
EA(エキスパートアドバイザー)の稼動ON・OFFを切り替えます。
※自動売買(システムトレード)等でEAを稼動させるときにONとします。

⑪チャートの表示形式
チャートの表示形式を切り替えます。
・バーチャート(Bar Chart)
・ローソク足(Candlesticks)
・ラインチャート(Line Chart)


⑫拡大(+)・縮小(-)
(Zoom In・Zoom Out)

チャートの表示サイズを5段階に拡大・縮小します(ズームイン・ズームアウト)。

⑬ウィンドウの整列
「メニューバー > (6)ウィンドウ」と同じで、複数のチャートウィンドウの整列を行えます。

⑭自動スクロール
(Auto Scroll)

ONのとき、チャートの更新時に自動的に表示位置を右端にスクロールします。OFFにすると、チャートが更新されても(最新の価格が配信されても)表示位置が自動でスクロールしなくなります。

⑮チャートの右端移動
(Chart Shift)

チャートの最新のローソク足の右側にスペースを作ります。

⑯罫線分析ツール
(Indicators)

罫線分析ツール(インジケーター)をチャートに表示します。

⑰周期設定
(Periods)

チャートの表示期間(時間足)を変更します。

⑱定型チャート
(Templates)

定型チャート(テンプレート)の保存や適用、削除を行えます。
※設定をカスタマイズしたチャートを「定型チャート」というテンプレートとして保存することで、保存したチャートの設定を他のチャートに簡単に適用することができます。

MT4ツールバー下段

①カーソル
(Cursor)

チャート上でマウスカーソルを使用します。
※初期設定はカーソル表示です。

②十字線
(Crosshair)

チャート上で十字線(クロスヘア)を使用できます。より正確に価格や時間を指定したいときは、十字線が便利です。
※初期設定はカーソル表示です。

③垂直線
(Vertical Line)

チャートに垂直のラインを引きます。

④水平線
(Horizontal Line)

チャートに水平のラインを引きます。

⑤トレンドライン
(Trend Line)

チャートにトレンドラインを引きます。
クリックした地点を起点として、クリックしたままマウスをドラッグしてトレンドラインを引く角度を指定します。

⑥チャネルライン
(Equidistant Channel)

チャートにチャネルライン(等距離幅の2本のライン)を引きます。

⑦フィボナッチ
(Fibonacci Retracement)

チャートにフィボナッチ・リトレースメントを表示します。


⑧テキスト
(Text)

チャートにテキストを表示します。チャートをスクロールさせると、あわせてテキストも移動します。

⑨テキストラベル
(Text Label)

チャートにテキストラベルを表示します。チャートをスクロールさせても、ラベルの表示位置は固定です。

⑩矢印
(Arrow)

チャートに矢印等のマークを表示します。

⑪周期設定
チャートの表示期間(時間足)を切り替えます。
※MT4のチャートは、目的に合わせて9期間の表示切替えが可能です。
1分足(M1)、5分足(M5)、15分足(M15)、30分足(M30)
1時間足(H1)、4時間足(H4)、日足(D1)、週足(W1)、月足(MN)

ナビゲーターウィンドウの機能

ナビゲーターウィンドウには、口座や罫線分析ツール、EA、スクリプトがツリー上に表示されます。ウィンドウのリンクからFXTFのホームページやマイページに移動することもできます。ウィンドウ下の「お気に入り」タブには、よく使うツールを登録しておくことができます。

ナビゲーターウィンドウのツリーは、「+」の箇所をクリックするか、タイトルテキストをダブルクリックすると展開します。

罫線分析ツール等は、チャートにドラッグ&ドロップで利用できます。
MT4ナビゲーターウィンドウ

①口座
口座を一覧表示します。右クリックメニューからLogin to Trade Accountで選んだ口座にログインすることができます。

②罫線分析ツール
(インジケーター)

罫線分析ツール(インジケーター)を一覧表示します。標準で搭載しているものと、標準以外のFXTF独自ツールや、MT4インストール後に外部から追加したツールも表示されます。

③エキスパートアドバイザー(EA)
EAを一覧表示します。

④スクリプト
スクリプトを一覧表示します。

⑤FXTF(Mini terminalをダウンロードすると表示されます。)
FXTFのホームページ(MT4トップ)やマイページ、使い方ページへ移動します。
※ブラウザを開いてホームページに移動します。

ツリーを展開して選んだ罫線分析ツールやEAの右クリックメニューから、チャートへの適用やプログラムの修正・ツールの削除等を行えます。

また、各ツリー末尾の「他に○○○あります…」をダブルクリックすると、メタクオーツ・ソフトウェア社が提供する配布サイトからインジケーターやEA、スクリプトを探すことができます。
※メタクオーツ・ソフトウェア社の配布サイトは、FXTFのサポート対象外です。
MT4ナビゲーターウィンドウメニュー

①チャートに表示
選んだ罫線分析ツールやスクリプトをチャートに適用します。

②修正
メタエディターを開いて罫線分析ツール等のプログラムを修正します。

③削除
ナビゲーターウィンドウから削除します。

④Buy from the Market
罫線分析ツール等を、メタクオーツ・ソフトウェア社の配布サイトから購入します。
※FXTFのサポート対象外です。

⑤Order your own Program
罫線分析ツール等を、メタクオーツ・ソフトウェア社のサイトから制作発注します。
※FXTFのサポート対象外です。

⑥Create in MetaEditor
新規にプログラムを追加します。

⑦お気に入りに追加
選んだ罫線分析ツール等を、お気に入りタブに追加します。
※ナビゲーターウィンドウ下からお気に入りタブを開くことができます。

⑧ショートカット設定
選んだ罫線分析ツール等のショートカットキーを設定します。

⑨更新
ナビゲーターウィンドウの情報を最新化します。

⑩ライブラリ
外部の罫線分析ツール等をメタクオーツ・ソフトウェア社のライブラリから探せます。ライブラリはターミナルウィンドウの「ライブラリ」タブに一覧表示され、そこから右クリックメニューでダウンロードし、MT4にインストール(ナビゲーターウィンドウのツリーに追加)することができます。
※FXTFのサポート対象外です。