利益確定(T/P)・損切り(S/L) – 価格を指定して決済する

MT4では新規注文時や、保有ポジションに利益確定(T/P)・損切り(S/L)をすれば、決済する価格を事前に決めてトレードをすることができます。特に、FXでは投資資金のうち1回のトレードで許容できる損失金額を決めて損切り(S/L)を設定することが重要です。

価格を指定してポジションを決済する

価格を指定して保有ポジションを決済したいときは、利益確定(T/P)、損切り(S/L)を設定します。

FXのトレードでは一般に、
・1回のトレードで目標とする利益の金額・利確幅を決めて利益確定(T/P)をポジションに設定し、
・1回のトレードで許容できる損失の金額・損切幅を決めて損切り(S/L)をポジションに設定します。
※利確幅・損切幅・・・「新規の約定価格」と、利益・損失を確定する「決済価格」との価格差・値幅

○決済指値注文=利益確定(T/P) ※テイクプロフィット

価格が注文価格に到達したら、必ず注文価格で決済する注文です。

○決済逆指値注文=損切り(S/L) ※ストップロス
価格が注文価格に到達したら、条件を満たす最新の価格で決済する注文です。
そのため、決済逆指値注文では、注文価格と実際の決済価格に価格差(スリッページ)が発生する場合があり、損切幅(S/L)から計算した損失金額以上の損失が発生する場合があります。

保有ポジションに利益確定(T/P)、損切り(S/L)を設定する

新規注文が成功し、約定した注文のことを「保有ポジション(オープンポジション)」といいます。
注文が約定すると、チャート上の約定価格の水準に水平ラインが引かれます。

MT4では、保有ポジションの水平ラインを上下にドラッグ&ドロップすることで、チャート上で視覚的に利益確定(T/P)、損切り(S/L)を設定できます。

▼買いポジションに利益確定(T/P)を新規に設定する例▼
利益確定(T/P)、損切り(S/L)を設定する

ラインのドラッグ中に、利益確定(損切り)した場合の損益(円)、約定価格との価格差が表示されます。

上図の501pipは、0.501円=501ポイントのことです。「pips」と表示されていますが、実際の単位は「ポイント」(価格の最小単位)です。

【買いポジションに利益確定(T/P)を新規に設定する】
買いポジションのライン(buy)を上にドラッグ&ドロップ
⇒発注画面でボタン「~T/Pを○○に変更する」をクリック⇒「OK」ボタンクリック

【買いポジションに損切り(S/L)を新規に設定する】
買いポジションのライン(buy)を下にドラッグ&ドロップ
⇒発注画面でボタン「~S/Lを○○に変更する」をクリック⇒「OK」ボタンクリック

【売りポジションに利益確定(T/P)を新規に設定する】
売りポジションのライン(sell)を下にドラッグ&ドロップ
⇒発注画面でボタン「~T/Pを○○に変更する」をクリック⇒「OK」ボタンクリック

【売りポジションに損切り(S/L)を新規に設定する】
売りポジションのライン(sell)を上にドラッグ&ドロップ
⇒発注画面でボタン「~S/Lを○○に変更する」をクリック⇒「OK」ボタンクリック

例)
買値(アスク)117.074で買い注文を発注した後、約定価格から50pips(500ポイント)離れた価格で利益確定(T/P)、損切り(S/L)を設定したとき

ケース①売値(ビッド)の価格が117.574 (約定価格 + 50pips)まで上昇すれば決済指値注文(T/P)の条件に到達し、決済注文(売り)が発注され利益確定

ケース②売値(ビッド)の価格が116.574 (約定価格 - 50pips)まで下落すれば決済逆指値注文(S/L)の条件に到達し、決済注文(売り)が発注され損切り

利益確定(T/P)・損切り(S/L)を設定できないとき

①利確(T/P)・損切(S/L)の価格が約定価格と近すぎるとき
最小の設定幅(価格差)は、利益確定(T/P)・損切り(S/L)の設定時の発注画面の下部に表示されています。
例)「現在価格から50ポイント圏内の注文は発注できません。」
⇒ 50ポイント以上離れた価格に設定して下さい。

②すでに現在の価格が利益確定(T/P)と損切り(S/L)の価格を越えているとき
現在価格より下に利益確定(T/P)を設定することはできません。また、
現在価格より上に損切り(S/L)を設定することはできません。

関連する情報

▼新規注文の発注時に設定する▼
新規注文(成行注文・指値注文・逆指値注文)の発注時に、利益確定(T/P)・損切り(S/L)を設定して発注する方法について

▼ワンクリック設定▼
ワンクリック注文を設定すると、発注画面の確認が省略されドラッグ&ドロップで即時に変更できます。
(メニュー「ツール」⇒オプション⇒タブ「取引」⇒「ワンクリック取引」にチェックを入れる)

▼注文変更▼
保有ポジションや、発注済みの新規指値・逆指値注文に対する注文変更で利益確定(T/P)・損切り(S/L)を新規に設定したり、設定した価格を変更する方法について

▼利益金額・損失金額から利確幅・損切幅を決める▼
MT4のツールMini terminalは、発注画面で利確幅(T/P)・損切幅(S/L)をpipsで指定して発注したり、 得たい利益金額や、許容できる損失金額を元に利確幅・損切幅を計算することができる便利なツールです。