定型チャートで一度変更したチャート設定を保存して適用する

新しいチャートを開くたびに、色やライン・分析指標などチャートの設定をやり直すのは面倒です。MT4では「定型チャート」として名前を付けて保存すれば、チャートの設定内容を簡単に再適用できます。

チャートの設定内容を「定型チャート」で保存する

チャート設定を使いやすい状態にカスタマイズしても、新しくチャートを開くと、初期設定表示されます。一度設定した色や分析指標などをチャートを開くたびに毎回設定しなおすのは面倒です。

MT4では、設定を変更したチャートを定型チャートとして保存し、別のチャート上で保存した定型チャートを読み込むだけで簡単に設定を適用することができます。

【定型チャートの保存方法】
※①~③のどの方法でも可能です。
①ツールバー(チャート)のアイコンをクリック⇒定型として保存
②チャート上の右クリックメニュー⇒定型チャートから定型として保存
③メニュー「チャート」⇒定型チャートから定型として保存
「定型チャート」で保存する

名前を付けて保存します。
例)ファイル名「テンプレ①」(テンプレ①.tpl)で保存します。
「定型チャート」に名前をつけて保存する

「default.tpl」を上書きすれば、新規チャートを開くときは常にここで保存したチャート設定が適用されます。「default.tpl」は、チャートの初期設定です。

定型チャートの削除は、同メニューの「定型を削除」から定型チャートの名前を選べば削除が可能です。

定型チャートを読み込み、別のチャートに設定を適用する

保存した定型チャートを別のチャート上で読み込むことで、保存したチャート設定を適用できます。

↓例)定型チャート「テンプレ①」(テンプレ①.tpl)を読み込み
定型チャートを読み込み
【定型チャートの適用方法(読み込み)】
※①~③のどの方法でも可能です。
①ツールバー(チャート)のアイコンをクリック⇒リストから定型チャートを選ぶ
 ※「ロードテンプレート」でテンプレートファイルを選ぶ方法でも同じです。

②チャート上の右クリックメニュ⇒定型チャート⇒リストから定型チャートを選ぶ
 ※「読み込み」でテンプレートファイルを選ぶ方法でも同じです。

③メニュー「チャート」⇒定型チャート⇒リストから定型チャートを選ぶ
 ※「読み込み」でテンプレートファイルを選ぶ方法でも同じです。

↓例)定型チャートの適用前(左)⇒適用後(右) 定型チャート適用前後

チャートやローソク足の色、チャート上に引いたラインやEA、テクニカル指標(インジケーター、罫線分析ツール)やチャートの自動スクロール設定など、変更したチャート設定を簡単に他のチャートに適用できます。

表示しているチャートのまま通貨ペアだけ変える方法

気配値表示ウィンドウの通貨ペア一覧から通貨ペアをチャートにドラッグ&ドロップすれば、今表示しているチャート設定そのままで通貨ペアだけ切り替えることができます。
通貨ペアだけ切り替える
チャートを新しく開きたいときには定型チャートを使うのが便利です。今表示している通貨ペアが必要ないときは、上記の方法が便利です。