注文変更画面の使い方(新規指値・逆指値)

MT4のツール「FXTF Mini terminal」では、チャート上の「注文マーカー」をクリックで表示される注文変更画面(計算画面)を使って、利益金額や損失金額を指定しての注文変更などが簡単に行えます。ここでは、新規指値・逆指値注文の変更について説明します。

注文変更画面の見方

FXTF Mini terminal注文変更画面の見方(新規指値・逆指値)

①注文番号

②建玉決済(注文削除)
クリックで注文を削除します。
※確認画面は表示されず、ワンクリックで即時に削除されます。

③注文情報
注文の種類、ロット数、通貨ペア、注文価格を表示します。

④注文価格、損切り(S/L)、利益確定(T/P)、トレイリング・ストップ(T/S)
・それぞれ設定価格、現在レートまでの価格差、到達したときの損失金額(利益金額)を表示します。
・クリックで計算画面を開きます。

計算画面の見方

≪計算画面:注文価格≫

FXTF Mini terminal計算画面(注文価格)


「保存」ボタンをクリックで、入力したpips分現在レートから離れた位置に注文を変更します。

■入力項目
次のいずれかを入力します。
・固定価格・・・固定でレートを入力
・pips・・・現在レートから何pips離れたところに設定するかを指定します。

注文価格を変更しても、新規指値・逆指値注文に対する損切り(S/L)、利益確定(T/P)の設定値はそのままですので、「新規指値・逆指値注文の注文レートから何pips離れたところで決済する」ような注文をするときは、損切り(S/L)・利益確定(T/P)も合わせて変更が必要です。

≪計算画面:決済逆指値(S/L)≫

FXTF Mini terminal計算画面(決済逆指値)


「S/Lを設定」ボタンをクリックで、入力した想定損失額などをもとに計算した損切り(S/L)値で注文を変更します。

■入力項目
次のいずれかを入力します。
・固定価格・・・固定でレートを入力
・pips・・・新規指値・逆指値注文の注文価格から何pips離れたところに設定するかを指定します。
・想定損失額・・・許容できる損失金額を入力します。
・有効証拠金・・・有効証拠金の何%の損失を許容するかを指定します。
・残高・・・残高の何%の損失を許容するかを指定します。
想定損失額、有効証拠金、残高の場合、損切り(S/L)は損失金額をもとに計算された値が設定されます。


≪計算画面:決済指値(T/P)≫

FXTF Mini terminal計算画面(決済指値)


「T/Pを設定」ボタンをクリックで、入力した想定利益額などをもとに計算した利益確定(T/P)値で注文を変更します。

■入力項目
次のいずれかを入力します。
・固定価格・・・固定でレートを入力
・pips・・・新規指値・逆指値注文の注文価格から何pips離れたところに設定するかを指定します。
・想定利益額・・・得たい利益金額を入力します。
・有効証拠金・・・有効証拠金の何%の利益金額を得たいかを指定します。
・残高・・・残高の何%の利益金額を得たいかを指定します。
想定利益額、有効証拠金、残高の場合、利益確定(T/P)は想定利益額をもとに計算された値が設定されます。


≪計算画面:トレイリング・ストップ(T/S)≫

FXTF Mini terminal計算画面(トレイリング・ストップ)


pipsを指定し、「T/Sを設定」ボタンをクリックでトレイリング・ストップ(T/S)値を変更します。