決済パネルの使い方

MT4のツール「FXTF Mini terminal」の決済パネルでは、保有ポジションの一括決済や新規指値(limit)・逆指値(stop)注文の一括削除、ポジションを反転させるドテン注文などが可能です。

決済パネル

「FXTF Mini terminal」の保有ポジションを表示するエリアをクリックすると、通常の注文画面から決済パネルに切り替わります。もう一度クリックすると元の画面に戻ります。

FXTF Mini terminalの決済パネルの使い方


①全ポジション決済&全注文削除
対象の通貨ペアで保有中の全ポジションを決済し、全注文(新規指値(limit)・逆指値(stop)注文)を削除します。

②全てのポジションの決済
対象の通貨ペアで保有中の全ポジションを決済します。

③全ての注文の削除
対象の通貨ペアの全注文(新規指値(limit)・逆指値(stop)注文)を削除します。

④全ての含み益ポジションを決済
対象の通貨ペアで保有中のポジションのうち、評価損益がプラス(含み益あり)のポジションを全て決済します。

⑤全ての含み損ポジションを決済
対象の通貨ペアで保有中のポジションのうち、評価損益がマイナス(含み損あり)のポジションを全て決済します。

⑥ドテン注文(ポジションの反転)
対象の通貨ペアで保有中のポジションを反転させるドテン注文を実施します。

例)USDJPYで買いポジション6ロット、売りポジション3ロット保有中(保有ポジション:+3)のとき、ドテン注文実施後は買いポジション0ロット、売りポジション3ロット(保有ポジション:-3)となります。

⑦ヘッジ注文
対象の通貨ペアで保有中のポジションについて、買いポジションと売りポジションが同数になるまで売買します。

例)USDJPYで買いポジション6ロット、売りポジション3ロット保有中(保有ポジション:+3)のとき、ヘッジ注文で3ロット売られ、実施後は買いポジション6ロット、売りポジション6ロット(保有ポジション:0)となります。

※決済パネルでの注文は、「FXTF Mini terminal」を稼動しているチャートの通貨ペアに対してのみ実行されます。たとえばUSDJPYのチャート上で全ポジション決済をするときは、USDJPYの保有ポジションのみ決済され、EURJPYなど他の注文には影響しません。