「FXTF Mini terminal」の注文画面の見方

MT4のツール「FXTF Mini terminal」の注文画面の見方を説明します。

「FXTF Mini terminal」の画面

「FXTF Mini terminal」はMT4のチャート上に表示されるコンパクトな注文パネルです。金額(円)やpipsで利益確定(T/P)・損切り(S/L)を設定しての注文や決済が簡単にできます。

≪使い方のポイント≫
①②③④注文の設定でトレードするロット数と、利益確定(T/P)&損切り(S/L) を設定
⑤買い・売りボタンクリックで新規注文を発注します。

FXTF Mini terminalの画面の見方

保有ポジションについて

「保有ポジション」の数値は、「買いポジションのロット数」-「売りポジションのロット数」です。
・ポジションが無いときは何も表示されません。
・買いポジションと売りポジションが同数(買い1ロット、売り1ロットなど)のときは、「0」と表示されます。
・例1)買い3ロット、売り1ロットのときは「+ 2」です。
・例2)買い1ロット、売り3ロットのときは「- 2」です。
・両建ても可能です。両建てについてはMT4のよくある質問をご覧下さい。 MT4で両建てはできますか?

▼電卓アイコンで利確幅(T/P)・損切幅(S/L)を計算▼
Mini terminalでは、得たい利益金額や、許容できる損失金額を元に利確幅・損切幅(pips)やロット数を簡単に計算できます。計算画面は各電卓アイコンをクリックして開きます。使い方については以下を参照下さい。