MT4 iPadアプリ 注文方法

MT4 iPadアプリの注文方法を説明します。

アプリで可能な注文の種類

注文の種類 iPad 操作方法
新規成行注文   確認する
決済成行注文   確認する
新規指値/逆指値注文   確認する
決済指値/逆指値注文   確認する
新規OCO注文 ×
決済OCO注文   確認する
IFD注文   確認する
IFO注文   確認する
トレイリング・ストップ注文 ×
一括決済注文 ×
EA(自動売買) ×

新規成行注文

新規注文画面は画面左上メニューバーのmt4_ipad_guide1-1-1から表示できます。
注文画面

1,000通貨コースと10,000通貨コースでは表示される画面が少し異なりますので、以下ご利用のコースの注文方法をご確認ください。

1,000通貨コースの新規成行注文の操作手順は①~④です。

iPhoneチャート画面
【1,000通貨コース】
①通貨ペアを選択します。
②「マーケット実行」を選択します。
③ロット数を指定します。(タップして直接入力または左右の-0.1、-0.01、+0.01、+0.1で設定可) ※1=10万通貨、最小単位0.01=1,000通貨
「Sell by Market(売り)」または「Buy by Market(買い)」をタップします。
注文完了!

⑤ティックチャート
上:Ask(買値)/下:Bid(売値)
⑥決済逆指値を同時に発注する場合は値を指定
⑦決済指値を同時に発注する場合は値を指定
⑧現在レート
(左:Bid(売値)、右:Ask(買値))

10,000通貨コースの新規成行注文の操作手順は①~⑤です。

iPhoneチャート画面
【10,000通貨コース】
①通貨ペアを選択します。
②「即時実行」を選択します。
③ロット数を指定します。(タップして直接入力または左右の-10、-1、+1、+10で設定可)
※1=10,000通貨、最小単位1=10,000通貨
④スリッページの値を設定します。
(10ポイント=1pips)
「Sell(売り)」または「Buy(買い)」をタップします。
注文完了!

⑥ティックチャート
上:Ask(買値)/下:Bid(売値)
⑦決済逆指値を同時に発注する場合は値を指定
⑧決済指値を同時に発注する場合は値を指定
⑨現在レート
(左:Bid(売値)、右:Ask(買値))

決済成行注文


1.「トレード」画面で決済したいポジションを長押しします。 2.「クローズ」をタップします。
iPadアプリ成り行き決済 iPadアプリ成り行き決済
3.通貨ペアやロット数など決済内容を確認し、スリッページをポイント単位で設定して、「Close with…」のボタンをタップします。
✽スリッページ設定は10,000通貨コースのみ表示されます。
4.決済が完了すると、オーダーID、約定価格などの内容が表示され、トレード画面上から対象のポジションが削除されます。
iPadアプリ成り行き決済 iPadアプリ成り行き決済
10,000通貨コースではスリッページの設定が可能です。設定した値以上のスリッページが発生した場合価格が再提示されます。提示された価格の「拒否」または「承認」を選択してください。

新規指値/逆指値注文

新規注文画面は画面左上メニューバーのmt4_ipad_guide1-1-1から表示できます。
その他の画面からの表示方法は iPad(iOS)アプリ 画面説明をご確認ください。
注文画面

■新規指値/逆指値注文の操作手順は①~⑥です。


iPhone履歴画面
①通貨ペアを選択します。   
②をタップし以下いずれかを選択します。
Buy Limit(買い指値注文)
⇒現在値より低い価格の買い注文
Sell Limit(売り指値注文)
⇒現在値より高い価格の売り注文
Buy Stop(買い逆指値注文)
⇒現在値より高い価格の買い注文
Sell Stop(売り逆指値注文)
⇒現在値より低い価格の売り注文
③ロット数を指定します。タップして数字を直接入力または左右の-10、-1、+1、+10(-0.1、-0.01、+0.01、+0.1)で設定が可能です。
【1,000通貨コース】
※1=10万通貨、最小単位0.01=1,000通貨
【10,000通貨コース】
※1=1万通貨、最小単位1=10,000通貨
④注文したいレート価格を入力します。
⑤新規指値/逆指値注文の期限を設定できます。
⑥発注をタップします。
注文完了!

⑦ティックチャート
上:Ask(買値)/下:Bid(売値)
⑧決済逆指値を同時に発注する場合は値を指定
⑨決済指値を同時に発注する場合は値を指定
⑩現在レート
(左:Bid(売値)、右:Ask(買値))

※発注ボタンがグレーアウトしている場合、現在レートから近すぎる値である等、指定できない価格を入力しています。価格を見直してください。
ストップレベル以上現在レートから離れた値でないと指値/逆指値注文は発注できません。
ストップレベル=指値/逆指値注文ができる現在レートからの乖離幅

■ストップレベルの確認方法
ストップレベルは、「気配値」画面で対象の通貨ペアを長押し⇒「詳細」をタップすると確認できます。ストップレベルはポイント表記なので、例)50=5pipsです。相場状況に応じて変動します。


iPadアプリ新規指値/逆指値注文 注文は「トレード」画面の残高、有効証拠金等の表示のある行の下に表示されます。注文内容の変更や注文を削除したい場合は、変更したい注文を長押し⇒「注文変更」で変更または削除が可能です。※残高、有効証拠金等の表示のある行の上に表示されるポジションは保有中のポジションです。

決済指値/逆指値注文(決済OCO/IFD/IFO注文)


■新規取引時に同時に決済指値/逆指値注文を発注する


新規注文画面で①「ストップロス」②「テイクプロフィット」を入力して発注すると、新規注文と同時に決済指値/決済逆指値注文を発注することができます。
iPhone履歴画面
①決済逆指値注文   
②決済指値注文
OCO注文
IFDONE 注文
IFO 注文

■保有済みのポジションに後から決済指値/逆指値注文を発注する


1.「トレード」画面で決済指値/逆指値注文を入れたいポジションを長押しします。 2.「注文変更」をタップします。
iPad 決済sl/tpの追加 iPad 決済sl/tpの追加
3.「ストップロス(決済逆指値)」「テイクプロフィット(決済指値)」にそれぞれレートを入力し、「注文変更」をタップします。 4.トレード画面で、対象の注文をタップすると、決済指値や逆指値の情報を確認できます。
iPad 決済sl/tpの追加 iPad 決済sl/tpの追加