MT4 ウェブトレーダー注文方法

MT4 ウェブトレーダーの注文方法を説明します。

MT4 ウェブトレーダーで可能な注文の種類

注文の種類 MT4 ウェブトレーダー 操作方法
新規成行注文   確認する
決済成行注文   確認する
新規指値/逆指値注文   確認する
決済指値/逆指値注文   確認する
新規OCO注文 ×
決済OCO注文   確認する
IFD注文   確認する
IFO注文   確認する
ワンクリック注文   確認する
トレイリング・ストップ注文 ×
一括決済注文 ×
EA(自動売買) ×

新規成行注文


■新規注文画面の表示方法

アイコンメニューの「新規注文」
気配値表示画面でダブルクリックまたは右クリック>「新規注文」
チャート上で右クリック>取引>「新規注文」
チャート上のワンクリック取引パネルをクリック
ツールボックスの取引タブ画面でダブルクリックまたは右クリック>「新規注文」

ワンクリック注文になっている際は、新規注文画面は表示されずに発注されます。

【新規成行注文画面】
新規注文画面
①通貨ペアを選択します。
②ロット数を指定します。
※1,000通貨コース:0.01ロット=1,000通貨~注文可。(1ロット=10万通貨)
10,000通貨コース:1ロット=10,000通貨~注文可。(1ロット=1万通貨)
コース毎ロット単位が異なりますのでご注意ください。
③「成行注文」を選択します。
④Sell(売り)またはBuy(買い)を選択します。
    
「完了しました。」と表示されたら注文完了です。「OK」で注文画面を閉じます。
    
ツールボックスの「取引」タブより確認できます。    ツールボックスの「取引」タブ

⑤決済指値/逆指値注文を同時に発注する場合は値を指定
⑥スリッページの値を設定します。(10ポイント=1pips)
※スリッページの設定は10,000通貨コースのみ可能です。
価格の再提示 設定値以上のスリッページが発生した場合は、
左図のように価格の再提示が表示されます。

決済成行注文


■決済画面の表示方法


●ツールボックス>取引タブから表示
・ツールボックスの取引タブ(以下図1参照)の①をダブルクリック
・ツールボックスの取引タブ(以下図1参照)の②×印をクリック

●チャートから表示
・チャート上のポジションライン上(以下図2参照)で右クリック>①の決済を

ワンクリック注文になっている際は、決済画面は表示されずに決済されますので、ご注意ください。


【図1】ツールボックス
決済注文画面

【図2】チャート
決済注文画面

【決済注文画面】
新規注文画面
①ロット数を指定します。
※1,000通貨コース:0.01ロット=1,000通貨~注文可。(1ロット=10万通貨)
10,000通貨コース:1ロット=10,000通貨~注文可。(1ロット=1万通貨)
コース毎ロット単位が異なりますのでご注意ください。
②決済ボタンをクリックします。
    
「決済、数量、価格」が表示されたら決済完了です。「OK」で決済注文画面を閉じます。
    
ツールボックスの「履歴」タブより確認できます。    ツールボックスの「履歴」タブ

③スリッページの値を設定します。(10ポイント=1pips)
※スリッページの設定は10,000通貨コースのみ可能です。
価格の再提示 設定値以上のスリッページが発生した場合は、
左図のように価格の再提示が表示されます。

新規指値/逆指値注文


■新規指値/逆指値注文画面の表示方法

アイコンメニューの「新規注文」
気配値表示画面でダブルクリックまたは右クリック>「新規注文」
チャート上で右クリック>取引>「新規注文」
チャート上で右クリック>sell limit、sell stop、buy limit、buy stop
ツールボックスの取引タブ画面でダブルクリックまたは右クリック>「新規注文」

ワンクリック注文になっている際は、新規指値/逆指値注文画面は表示されずに発注されます。

【新規指値/逆指値注文画面】 新規指値/逆指値注文画面

①通貨ペアを選択します。
②ロット数を指定します。
※1,000通貨コース:0.01ロット=1,000通貨~注文可。(1ロット=10万通貨)
10,000通貨コース:1ロット=10,000通貨~注文可。(1ロット=1万通貨)
コース毎ロット単位が異なりますのでご注意ください。
③「指値または逆指値注文(新規注文)」を選択します。
④以下いずれかを選択します。
Buy Limit・・・買い指値注文
⇒現在値より低い価格の買い注文
Sell Limit・・・売り指値注文
⇒現在値より高い価格の売り注文
Buy Stop・・・買い逆指値注文
⇒現在値より高い価格の買い注文
Sell Stop・・・売り逆指値注文
⇒現在値より低い価格の売り注文
⑤注文したいレート価格を入力します。
⑥新規指値/逆指値注文の期限を設定できます。
⑦「発注」をクリックします。
    
「完了しました。」と表示されたら注文完了です。「OK」で注文画面を閉じます。
    
ツールボックスの「取引」タブより確認できます。    ツールボックスの「取引」タブ

⑧決済逆指値、決済指値を同時に発注する場合は値を指定
⑨ストップレベルが表示されます。
表示されている値以上、現在レートから離れた値でないと指値/逆指値注文はできません。
(10ポイント=1pips)
※ストップレベルは相場状況、通貨ペアごとに異なります。

決済指値/逆指値注文(決済OCO/IFD/IFO注文)


■新規取引時に同時に決済指値/逆指値注文を発注する


新規注文画面で①「決済逆指値(S/L)」②「決済指値(T/P)」を入力して発注すると、新規注文と同時に決済指値/決済逆指値注文を発注することができます。

【新規成行注文画面】⇒表示方法はこちら 【新規指値/逆指値注文画面】⇒表示方法はこちら
新規成行注文画面面 新規指値/逆指値注文画面
上記注文画面より決済OCO注文、IFD(IFDONE)注文、IFO注文も可能です。
そもそもOCOとかIFD(IFDONE)とかIFOが何か分からないという方は以下をチェックしてみてください。
OCO注文
IFD(IFDONE)注文
IFO 注文

■保有済みのポジションに後から決済指値/逆指値注文を発注する


●発注は「注文変更画面」から行ないます。画面の表示方法は以下になります。
・ツールボックス(以下図1参照)の①「決済逆指値(S/L)」「決済指値(T/L)」の箇所をダブルクリック
・チャート上(以下図2参照)の保有ポジションのラインを上下にドラッグ

ワンクリック注文になっている際は、注文画面は表示されずに発注されます。


【図1】ツールボックス
ツールボックス_SL/TP

【図2】チャート
チャート_SL/TP

【注文変更画面】
注文変更
①決済逆指値②決済指値の値を入力
③変更ボタンをクリック
④ストップレベルが表示されます。
表示されている値以上、現在レートから離れた値でないと指値/逆指値注文はできません。
(10ポイント=1pips)
※ストップレベルは相場状況、通貨ペアごとに異なります。

●決済指値/決済逆指値の便利な入力方法
「現在値の差:xxポイント」に値を入力すると、入力したポイント分現在レートから離れた値が「下段にコピー:xx」のボタンに反映されます。
下段にコピーのボタンをクリックすると、①決済逆指値反映されます。※②決済指値も同様です。
注文変更

ワンクリック注文


■ワンクリック取引画面の表示/非表示方法

チャート上で右クリック>「ワンクリック取引」

【ワンクリック取引画面】
ワンクリック取引画面
ワンクリック取引の設定がONになっている場合は、注文画面は表示されずにワンクリックで発注できます。
※ワンリック取引の設定はオプションメニューから行なえます。
    
発注したポジションはツールボックスの「取引」タブより確認できます。