MT4の注文方法

MT4の注文方法を説明します。最新の価格で発注する成行注文、価格を指定して発注する指値・逆指値注文、注文時の利益確定(T/P)・損切り(S/L)幅の設定・手動でのポジション決済方法、注文の変更や取り消しやOCO・トレイリング・ストップ(T/S)など。

新規注文(成行注文)

基本的なMT4の新規注文の発注方法を紹介します。

新規に注文する(成行注文)

新規に注文する(成行注文)

MT4で新規注文をする方法について説明します。成行注文は、価格を指定せずに最新の価格で発注する注文です。利益確定(T/P)と損切り(S/L)は発注画面で価格を固定で指定して注文するか、注文の約定後に設定します。
発注ツールを使って新規に注文する(成行注文)

発注ツールを使って新規に注文する(成行注文)

MT4のツールMini terminalで新規に注文(成行注文)する方法を紹介します。Mini terminalでは、利確幅(T/P)・損切幅(S/L)を発注画面で入力して発注できます。
新規に注文して、利益確定(T/P)・損切り(S/L)を設定する流れ

新規に注文して、利益確定(T/P)・損切り(S/L)を設定する流れ

MT4で新規に成行注文(買い)を発注し、注文の約定後にチャート上で利益確定(T/P)と損切り(S/L)を設定するまでの基本的な流れを紹介します。

新規の指値・逆指値注文

価格を指定して新規に注文する指値・逆指値方法を紹介します。

指値・逆指値注文 – 価格を指定して新規に注文する

指値・逆指値注文 – 価格を指定して新規に注文する

MT4で価格を指定して新規注文を発注するときは、指値・逆指値注文を使います。現在より有利な価格で発注するのが指値注文、現在より不利な価格で発注するのが逆指値注文です。
新規の指値・逆指値注文の発注イメージ

新規の指値・逆指値注文の発注イメージ

MT4で価格を指定して新規に注文する新規指値・逆指値注文の発注イメージを買い・売りそれぞれ図で紹介します。
チャート上で新規の指値・逆指値注文を発注する方法

チャート上で新規の指値・逆指値注文を発注する方法

MT4では、直接チャート上で新規の指値・逆指値注文を発注できます。価格をチャート上の位置で視覚的に指定できるので、よりスムーズに発注できます。また合わせて、ツールMini terminalを使った発注方法も紹介します。

決済注文

保有ポジションを決済して利益や損失を確定させます。

現在の価格でポジションを決済する

決済注文 – 現在の価格でポジションを決済(成行注文)

MT4の決済注文について説明します。決済の成行注文は、価格を指定せずに最新の価格でポジションを手動で決済し、利益や損失を確定させます。基本的には手動での決済だけに頼らずに、許容できる損失金額を決めて損切り(S/L)を設定しておきましょう。
価格を指定して決済する

利益確定(T/P)・損切り(S/L) – 価格を指定して決済する

MT4では新規注文時や、保有ポジションに利益確定(T/P)・損切り(S/L)をすれば、決済する価格を事前に決めてトレードをすることができます。特に、FXでは投資資金のうち1回のトレードで許容できる損失金額を決めて損切り(S/L)を設定することが重要です。
トレイリング・ストップで損切ラインを自動で切り上げる

トレイリング・ストップで損切ラインを自動で切り上げる

MT4では、保有ポジションにトレイリング・ストップを設定することで、損切りラインを自動で切り上げて利益を伸ばすトレードに活用できます。設定幅分だけ相場が有利な方向に動くまでは損切り(S/L)が設定されない点に注意して下さい。

注文の変更・取り消し

保有ポジションに利益確定や損切りを設定する方法や、新規の指値・逆指値注文の変更・取消について。

指値・逆指値の注文価格を変更する

注文の変更 – 指値・逆指値の注文価格を変更する

MT4では、新規の指値・逆指値注文の注文価格を発注後に相場に合わせて変更したり、一度設定した利益確定(T/P)・損切り(S/L)の価格をチャート上のラインをドラッグするなどして設定・変更することができます。
ポジションの利確(T/P)・損切(S/L)を変更する

注文の変更 – ポジションの利確(T/P)・損切(S/L)を変更する

MT4では、保有ポジションに設定した利益確定(T/P)・損切り(S/L)を、チャート上のラインをドラッグするなどして相場やトレードの目的に合わせて変更できます。また、現在価格との価格差で利確幅・損切幅を設定する入力補助についても紹介します。
注文の取消・キャンセル

注文の取消(キャンセル)方法

MT4では、一度発注した指値・逆指値注文を取消(キャンセル)できます。最初に設定したロット数は変更できないので、ロット数を設定しなおしたいときや、注文自体をやり直したい・取りやめたいときは注文の取消を利用できます。

山中康司のMT4裁量取引セミナー

FXTFのMT4はここがちがう!ミニターミナルを使おう。MT4で裁量トレードを行う方法を解説します。

▼バナークリックで視聴ページへ

山中康司のMT4裁量取引セミナー