インジケーター・ツール

MT4には、FXに活用できる便利なインジケーター・ツールが満載です。資金管理に役立つツールや、様々な種類の注文を簡単に繰り返したり、テクニカル指標でチャートを分析。ほかにも一括決済や自分のトレード結果のグラフ分析などが可能です。

インジケーター(罫線分析ツール)とは

MT4のインジケーター(罫線分析ツール)は、移動平均線やボリンジャーバンド、MACDなどのテクニカル指標をチャート上に表示するプログラムです。

MT4の「ナビゲーター」の罫線分析ツールから使いたいインジケーターをチャート上にドラッグ&ドロップすることで利用できます。MT4に標準で搭載されているもののほか、ネット上で無料・有料で入手して自分のMT4にインストールして利用することもできます。

FXTF独自のインジケーター・ツール

FXTFでは、多くの独自インジケーターやツールを無料で利用できます。多くはMT4の初期設定から利用できますが、Mini terminalはMT4のダウンロード後に個別にインストールが必要です。

Mini terminal

Mini terminal(ミニターミナル)

MT4のMini terminal(ミニターミナル)は、損益金額をもとに利確幅・損切幅を計算できるコンパクトな発注ツールで、注文マーカーによる注文変更、一括決済、注文テンプレートの作成などが可能です。
Trade terminal

Trade terminal(トレードターミナル)

Trade terminalでは、「ポジション及び注文一覧」から様々な条件で決済注文・注文変更が可能です。また、自動決済ルールの作成や、既存の注文を組み合わせたOCAグループの作成、通貨ペアなどによるポジション・注文のサマリーも可能。FXTF Liveもツールバーから開けます。
FXTF Liveでトレード結果をグラフで分析する

FXTF Liveでトレード結果をグラフで分析する

MT4のFXTF Liveは、MT4のFXトレード結果をグラフで分析することができるウェブサービスです。FXTF Liveへは、ツールFXTF Trade terminalの「ポジション及び注文一覧」から進めます。

山中康司のMT4裁量取引セミナー

FXTFのMT4はここがちがう!ミニターミナルを使おう。MT4で裁量トレードを行う方法を解説します。

▼バナークリックで視聴ページへ

山中康司のMT4裁量取引セミナー

標準のインジケーター

MT4では、インストールしたときに標準で30種類ものテクニカル指標(インジケーター、罫線分析ツール)を利用できます。インジケーターはトレンド系、オシレーター系、ボリューム系、ビル・ウィリアムスに分類されます。

トレンド系インジケーター

移動平均線や一目均衡表など、相場のトレンドに乗るために参考にされる指標です。

MT4の移動平均線

MT4移動平均線の取引アイデアを動画で解説!

MT4の移動平均線(Moving Average)インジケーターを活用した取引アイデアを、FXテクニカル分析の達人が5分前後のコンパクトな動画で分かりやすく解説します。移動平均線は一定期間の代表価格(平均価格)を示す、人気のトレンド系テクニカル指標です。
MT4ボリンジャーバンド

MT4ボリンジャーバンドの取引アイデアを動画で解説!

MT4のボリンジャーバンド(Bollinger Bands)を活用した取引アイデアを、FXテクニカル分析の達人が短い動画で分かりやすく解説します。ボリンジャーバンドは相場のばらつきを示す、人気のテクニカル指標です。関連指標としてエンベロープ・標準偏差も紹介します。
MT4の一目均衡表

三世一目山人監修による、一目均衡表の分かりやすい解説動画

一目山人の遺志を引き継ぎ、正しい一目均衡表活用の普及に従事される三世一目山人監修のもと、MT4の一目均衡表(Ichimoku Kinko Hyo)インジケーターの分かりやすい解説動画を公開しました。
MT4の一目均衡表の三波動論

一目均衡表の解説動画【総集編】5線より重要な三波動論と活用例

三世一目山人監修によるMT4の一目均衡表(Ichimoku Kinko Hyo)インジケーター解説動画の最終回・総集編として、5線より重要な三波動論と、実際の相場での活用例を解説します。
MT4のパラボリックSAR

MT4のADX・パラボリックSAR

ADX・パラボリックSARは、相場のトレンドに乗るためのトレンドフォロー系の指標で、MT4初期設定の状態で使える標準のインジケーター(テクニカル指標、罫線分析ツール)です。

オシレーター系インジケーター

RSIやストキャスティクスなど、「相場が買われ過ぎか、売られ過ぎか」を判断し、主に逆張りの売買の参考にされる指標です。

MT4のMACDとモメンタム

MT4のMACDとモメンタム

MT4のMACD(トレンドフォロー系)や、関連する指標としてモメンタム・OsMA(オシレーター系)を紹介します。いずれも初期設定の状態で使えるMT4標準のインジケーター(テクニカル指標、罫線分析ツール)です。
MT4のRSI・ストキャスティクス等で相場の過熱感を判断

MT4のRSI・ストキャスティクス等で相場の過熱感を判断

RSIやストキャスティクスなどは、相場の過熱感(買われ過ぎ・売られ過ぎ)を判断し、主に逆張りの売買の参考にされるオシレーター系の指標で、MT4初期設定の状態で使える標準のインジケーター(テクニカル指標、罫線分析ツール)です。
MT4のATR・CCI その他のオシレーター系インジケーター

MT4のATR・CCI その他のオシレーター系インジケーター

ATRやCCIなど、MT4初期設定の状態で使える標準のオシレーター系インジケーター(テクニカル指標、罫線分析ツール)を紹介します。オシレーター系の指標は、相場の買われ過ぎ・売られ過ぎを判断し、主に逆張りの売買の参考にされます。

ボリューム系インジケーター

価格変動の確認に出来高を取り入れた指標です。

MT4のボリューム(Volume)指標

MT4のボリューム(Volume)指標

OBV(オンバランスボリューム)やMFI(マネーフローインデックス)は、価格変動の確認に出来高をとりいれた指標です。

ビル・ウィリアムスのインジケーター

ビル・ウィリアムスが考案したテクニカル指標です。

ビル・ウィリアムスのインジケーター

ビル・ウィリアムスのインジケーター

アリゲーターやフラクタル、オーサム オシレーターなど、ビル・ウィリアムスが考案したテクニカル指標を紹介します。

カスタムインジケーター

トレンド系、オシレーター系、ボリューム系、ビル・ウィリアムスに分類される標準のインジケーター以外は、カスタムインジケーターに分類されます。

MT4のカスタムインジケーター

MT4のカスタムインジケーター

MT4のカスタムインジケーターを紹介します。ナビゲーターウィンドウの罫線分析ツールでは、未分類のインジケーターです。外部のインジケーターをインストールした場合も、こちらに格納されます。
スパンモデル/スーパーボリンジャー

MT4のスパンモデル/スーパーボリンジャーの表示方法

スパンモデルとスーパーボリンジャーは、マーフィー(柾木利彦)氏が独自に開発したテクニカル指標です。定型チャートを使って表示させることができます。

スクリプトとは

MT4のスクリプトとは、分析や注文のプロセスをプログラム化して1度だけ実行できるツールのことです。
※ナビゲーターウィンドウ ⇒ スクリプト

たとえば、複数の保有ポジションを一括で決済したり、チャート上のライン等のオブジェクトを全て一括で削除するなどいろいろなことが可能です。

スクリプトもインジケーターと同じように外部から入手して利用できます。FXTFでは、多数の独自スクリプトを無料でお使いいただけます。