お取引までの流れ

MT4でFXを始めたい初心者の方のためのコンテンツガイドです。おすすめの初期設定や、経済指標の確認、チャート分析から新規注文・決済まで一連の流れを紹介します。

スタートガイド

MT4のスタートガイドPDFをご用意いたしました。

STEP1:口座開設~ログインまで

①口座を開設し(無料)、ログインID・パスワードを取得します。
②MT4をダウンロードします。
③MT4にログインします。

STEP2:おすすめの初期設定

MT4のおすすめの初期設定を紹介します。

◆基本設定◆
FXTF MT4の基本設定を確認します。
ご利用前の設定確認

①チャートを開く
トレードしたい通貨ペアを選んでチャートを開きます。
新規にチャートを開きたい

②ローソク足チャートに変更する
チャートの基本的な見方を確認しましょう。
ローソク足チャートの見方

③チャートの色をみやすい色に変更する
白背景など、見やすい色に変更します。
チャートやローソク足の色を変えて見やすくしたい

④過去の価格を確認しやすいように、自動スクロールをOFFにする
初期設定では、最新の価格に自動でスクロールする設定になっています。
自動でチャートが前にスクロールするのを防ぐ

⑤定型チャートでチャート設定を保存する
「default.tpl」ファイルを上書きすれば、次から新規チャートを開くときは毎回同じ設定で開けます。
定型チャートで一度変更したチャート設定を保存して適用する

⑥Mini terminalをダウンロードし、チャートにドラッグ&ドロップ
損益金額から利確幅・損切幅を計算し、利益確定・損切りを設定して新規注文が同時にできるコンパクトな発注ツールです。
Mini terminalのダウンロード

【参考】MT4を更に軽くするためには
MT4を軽快に動かすための5つの設定
更にMT4を限界まで軽くする5つの方法

FX投資家に広く支持されている高機能FXソフト「MT4」を使った”今スグ役立つ”投資戦略を伝授!基礎から実践までわかりやすく解説します。(出演:ひろぴー、山中康司氏、内田まさみさん)

デモ口座はFXTFのホームページから開設します。
MT4の端末上に表示される「デモ口座の申請」画面からは開設はできませんのでご注意ください。

STEP3:目標損益と必要資金の確認~入金(マイページ)

①1トレードの目標損益を決める
「投資資金10万円の5%となる5,000円までで損切りする」などの資金管理の目安・ルールを決めておき、
1回のトレードの目標利益と、許容できる損失金額を確認します。

Mini terminalを使うと、想定する利益・損失の金額を元に1トレードの利益確定・損切りの設定幅(pips)やロット数を事前にチェックすることが簡単にできます。
利益と損失の金額を決めてトレードしたい

②必要な証拠金を計算する(必要資金)
FXは、ポジションを維持するために証拠金が必要です。投資資金や目標損益に見合ったポジションサイズ(ロット数)を元に、必要な証拠金を確認します。
FXの証拠金とは
証拠金カリキュレーター
ロスカット・証拠金判定

③マイページで入金する
インターネットバンキングの口座をお持ちであれば、手数料無料の24時間クイック入金が利用できます。口座への入金はマイページにログインして行います。

STEP4:経済指標や相場トレンドの確認

上昇トレンド・横ばい(揉み合い)・下降トレンドといった相場のトレンドを把握し、そのトレンドに乗ったトレードをするのがFXの基本です。

「今回紹介するGMMAは、個人投資家には欠かせないツールであると考えています。
個人投資家がGMMAを利用する一番のメリットは、複雑な計算をすることなくビジュアルで視覚的にトレンドを捉えられることです。また、日本の投資家が陥りがちな「逆張り」の癖を矯正するうえでも大変利点があります。今回は、FXTF MT4のGMMAチャートを使ってGMMAトレードの基本についてお話します。」(陳満咲杜氏)

また、経済指標の発表により、相場のトレンドと関係なく大きな変動が発生し、思わぬ損失が発生する場合があります。トレードの前に、経済カレンダーでインパクトの大きい経済指標の発表の有無をチェックしておくことは重要です。

STEP5:チャート分析・相場の予想

FXのテクニカル分析は、過去の相場のトレンドや価格・チャートの形をもとに将来の価格を予想するチャート分析方法です。MT4では、トレンドラインなどのツールや、インジケーター(罫線分析ツール)というテクニカル指標を表示するなどチャート分析機能が充実しています。

「私自身は比較的長めの取引をするスイングトレーダーですが、場合によっては日中取引を何度かするときもあります。今回は、私自身がそのような短期トレードをするときに実際に使っているテクニカルチャートの見方や使い方を説明したいと思います。」(山中康司氏)

また、外国為替取引を行う上で、為替変動に関わる世界状況をタイムリーに知ることはとても大切なことです。

FXTFでは、外国為替、株式・商品相場の反応や、経済指標や要人発言などのマーケット情報をタイムリーに配信する「グローバルインフォ24(GI24)」を無料でご提供しております。GI24は、今井雅人氏率いるグローバルインフォ株式会社が提供する、投資情報サービスです。

STEP3の資金管理に加えて、将来のチャートの方向(上昇・下降)や、価格の予想をもとに、新規注文の売買の方向と、利益確定(T/P)や損切り(S/L)の目安を決定します。

STEP6:新規注文の発注~保有ポジションの決済

STEP5までで決めた「ロット数、売買の方向、予想価格&利確幅(T/P)、損切り値(S/L)」を元に、新規注文を発注してポジションを保有します。

保有ポジションは、ポジションに設定した利益確定(T/P)・損切り(S/L)の水準で自動で決済するか、手動で決済して損益を確定させます。

①新規に注文する
Mini terminalで新規に注文する
MT4標準の発注画面で新規に注文する

②ポジションを決済する
決済注文 – 現在の価格でポジションを決済(成行注文)
利益確定(T/P)・損切り(S/L) – 価格を指定して決済する

MT4は実は、裁量トレードをする上で非常に優れたFXツールです。FXTF MT4でトレードを始めるにあたって、ぜひ一度ご覧ください。

山中康司のMT4裁量取引セミナー

MT4で裁量取引を行う方法を、FXTF独自の発注ツール「ミニターミナル」を中心に解説します。

▼バナークリックで視聴ページへ

山中康司のMT4裁量取引セミナー

週末をまたいでポジションを継続して保有するリスクにご注意下さい
週末に為替相場を動かすインパクトのある材料が浮上した場合等、週末のクローズレートと翌週のオープンレート(実勢レート)との間に大きな乖離(週末ギャップ)が生じることがあります。

従って、お客様が週末を跨ぐポジションを保有している場合、翌週のオープン時に実行されるロスカットは、週末クロージング時点で予想されるロスカット水準よりも不利な水準で実行される可能性があり、お客様が意図していない損失を被ることがあります。週末跨ぎでポジションを継続保有されるお客様は上記のリスクに十分にご注意ください。