FXのメリット・レバレッジとは

株式市場のような取引時間制限がなく、24時間取引できるFXのメリットや魅力のひとつであるレバレッジの説明をします。

レバレッジで少ない資金で大きな金額を取引できる

1万ドル購入するには何円必要?

米ドルが100円の場合

米ドルが100円の場合

レバレッジとは、「てこの原理」のことを言います。FX取引では、少ない証拠金(例4万円)を使って、その何倍(例25倍)にもなる大きな投資元本(1万ドル=100万円)の取引ができます。










外貨預金の25分の1の資金で同等の投資効果

外貨預金をした場合と比べてみると、FXでは25倍のレバレッジで取引をした場合、外貨預金で必要となる資金の25分の1(25倍の逆数)の資金で同等の投資効果を狙うことができます。このように、FX取引には、お客様にとってレバレッジのおかげで投資効率の高い投資ができるという大きなメリットがあります。

レバレッジにより、投資した資金の大きさに比べて損益も大きくなる

また、レバレッジにより、投資した資金の大きさに比べて損益も大きくなります。 例えば、1ドル100円のときに米ドル預金をし、1万ドルを買った場合、100万円の資金が必要です。その後ドル高(円安)進み、1ドル110円になったときに米ドル預金を解約すると、10万円分の為替差益が出ます。

つまり外貨預金では100万円の投資資金でその10%に相当する10万円を稼いだことになりますが、FXの場合は、1万ドルを買うために必要な資金は、取引に使う証拠金の4万円(投資元本の25分の1)ですから、ドル高(円安)が進んで10万円稼いだとすれば10万円÷4万円=2.5倍(250%)になるわけです。このようにFX取引では投資金額が小さい割に損益の振れ幅は大きいハイリスク・ハイリターンの投資、別の言い方をすれば投資効率が高い投資ということができます。

一覧ページへ