リスク警告

デリバティブ取引について、お客様にご留意頂きたい重要な事項です

「デリバティブ取引」のリスク等重要事項について

下記記載事項は、デリバティブ取引の内容について、お客様に特にご留意頂きたい重要な事項です。当社でのお取引をご検討頂くにあたっては、下記のリスク等重要事項※を熟読し、必ず事前に十分にご理解の上、納得した場合にのみお取引を行ってください。

下記のリスク等重要事項は、当社の扱うデリバティブ取引に伴う典型的なリスクを簡潔に説明したものであり、デリバティブ取引から生じる一切のリスクを漏れなく示すものではありません。

デリバティブ取引に共通するリスク等重要事項

1.
デリバティブ取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。
2.
相場状況の急変によりビッド(お客様の売付)価格とオファー(お客様の買付)価格のスプレッド幅が広くなったり、意図したお取引ができなかったりする恐れがあります。
3.
当社のデリバティブ取引は、インターネットを利用した電子取引であるため、電子取引に伴う様々なリスクがあります。(1)~(2)は典型的なリスクとなります。
(1)
当社又はお客様、当社のカバー先、当社のシステム委託先、通信回線業者他の第三者が所有するシステム機器や通信回線に異常・障害(システム障害)が発生した場合には、注文の受発注、執行、確認、取消し、金銭の受払いなどが行えなくなる可能性があり、機会利益の喪失などのリスクが発生します。
(2)
お客様が売買注文の入力を誤った場合等、意図しないレートで取引が成立してしまうことがあります。
(3)
当社のデリバティブ取引に使用するお客様のパスワード等が、第三者に譲渡、貸与、漏洩、又は窃盗されることにより、お客様に損害が発生することがあります。
4.

上記のほかにデリバティブ取引に係るリスクとして下記のリスクがあります。

(1) 価格変動のリスク

対象通貨にかかる外国為替市場の変動及び、世界中で起こる政治的・経済的な要因をはじめ、その他様々な要因により変動します。したがって、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあります。

(2) 金利変動リスク

二国間の金利変動により、直物レートが大きく変動することがあります。

(3) 信用リスク

① お客様と当社の相対取引であるため、取引の相手方たる当社の信用状況等によりお客様が損失を被る可能性があります。

② お客様から預託を受けた証拠金は、法令に基づき当社の自己資金とは分別して管理しますが公的保護の対象ではないため、当社及びカバー先等の信用状況によっては当社の財産状況に影響が及ぶ可能性があり、その結果、お客様が損失を被るおそれがあります。

(4) スリッページリスク

お客様の端末と当社のサーバとの間の通信時間及び当社サーバでの注文受付後の約定処理時間により、お客様の発注時の画面表示価格と実際の約定価格との間に価格差(これを「スリッページ」といいます。)が発生する場合があります。「スリッページ」は、お客様にとって有利となる場合もあれば、不利となる場合もあります。
特に、重要経済指標発表時や、週末発生した突発事象、重要な国際イベントの開催により翌週の外国為替市場に大きな相場変動があった場合、スリッページが予想外に拡大する場合がありますので、ご注意ください。

(5) 流動性リスク

戦争、事変、天変、紛争、各国為替政策・規制の変更といった特殊な状況が発生した場合など、外国為替相場は時に急激な変動に遭遇することがあり、相場急変によりインターバンク市場の流動性が低下しお客様への価格提示が困難になった場合、お客様は保有ポジションを解消(決済)することや、新規買付が困難となる可能性があります。

5.
当社のデリバティブ取引の取引手数料は無料です。したがって、取引時にお客様と当社が合意したレートがそのまま約定レートとなります。但し、今後、取引手数料は変更される場合があります。
6.

デリバティブ取引は、お客様と当社の相対取引であり、お客様の注文に対して当社が相手方となって注文を成立させるものであって、取引所への取次ぎは行いません。当社は、お客様との取引から生じるリスクの軽減を目的として、下記のカバー取引先を相手方としてカバー取引を行っております。したがって、そのカバー取引先の信用状況によっては、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があり、お客様が損失を被る危険性があります。一方、カバー取引は、お客様が当社と行うデリバティブ取引から独立した取引です。したがって、下記のカバー取引先は、お客様が行うデリバティブ取引について、お客様の取引相手方となるものではなく、お客様の証拠金や当該取引から発生し得る損失その他お客様の取引の内容もしくは決済又は清算、あるいは当社のお客様に対する債務について、何ら責任を負うものではありません。また、下記カバー取引先は、お客様が当社と行うデリバティブ取引やカバー取引に関するお問い合わせに応じることは一切ありません。

[カバー取引先](カッコ内は、監督を受けている外国の当局の名称)

サクソ・バンク:Saxo Bank A/S
銀行業:デンマーク(デンマーク金融庁)
セントラル短資FX株式会社
金融商品取引業:日本(金融庁)関東財務局長(金商)第278 号
フォレックス・キャピタル・マーケッツ・リミテッド:Forex Capital Markets Limited
金融商品取引業:英国(FCA:英金融行為機構)
OCBC Securities Private Limited
証券業:シンガポール(MAS:シンガポール通貨庁)
7.
お客様から預託を受けた証拠金等(実現損益、評価損益及びスワップ損益を加減算した金額を含む。)の資産(純資産)については、金融商品取引法及びその関係法令等の定めに従い、その全額(内閣府令第143条の2第1項第6号に定める個別顧客区分管理金額)が日証金信託銀行株式会社(以下「信託会社」という。)の顧客区分管理信託のための信託金銭保管口座(以下「信託口座」という。)において、当社の自己の固有財産と明確に区分して保全・管理されます。※2016年3月25日から31日の間については、ドイチェ信託株式会社との複数信託となります。
(1)
当社が自己の固有財産と区分して管理する金額(顧客区分管理金額)は、本邦銀行の営業日における日本時間午前7時(ニューヨークが夏時間の場合は午前6時)を計算(値洗い)の基準時点として算出し、その金額を、当該基準時点が属する日(計算日)における顧客区分管理必要額といたします。当社は、信託口座で管理される信託財産の元本評価額が、当該顧客区分管理必要額に満たない場合、その不足額を計算日の翌日(本邦銀行の休業日を除く。)から起算して2営業日以内に信託財産に追加いたします。但し、証拠金が証拠金口座に入金されてから信託会社の信託口座に振替えるまでの間は信託保全の対象とはなっていないため、上記の証拠金振込先銀行、当社の業務又は財産の状況が悪化した場合、お客様が損失を被る可能性があります。
(2)
信託保全は当社が取り扱うFX取引の元本及びBO取引の投資資金を保証するものではありません。また、信託会社は、当社から信託された資金の管理のみを行い、当社又は受益者代理人の監督又は選任につき責任を負うものではありません。信託保全された資金の返還手続きについては、受益者代理人が受益者であるお客様に代わってこれを行い、お客様は信託会社に対して資金等の支払いを直接請求することはできません。
8.
お客様から、当社が指定する証拠金振込先銀行(三井住友銀行、みずほ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行、住信SBI銀行、ゆうちょ銀行)の預託証拠金専用の口座(以下「証拠金口座」という。)にお振込みいただいた証拠金については、お客様が当社にお持ちの取引口座にお客様の資産として全額が追加されます。
9.
お客様は、注文執行後に当該注文に係る契約を解除すること(クーリングオフ)はできません。

FX取引に関するリスク等重要事項

1.
FX取引は、取引金額(想定元本)がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、外国為替相場の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率にしたがって大きく増幅されます。したがって、外国為替市場の変動で多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。損失額は預託された証拠金額を超えることもあります。
2.
FX取引に関して、新規注文(注文訂正を含む。)の際、取引対象通貨ペアの新規建て玉時(注文訂正時を含む。)における証拠金が、法令等で定める証拠金率に満たない場合(法人取引は除く。)、又は、当社の定める水準に満たない場合、出された新規注文は受け付けられません。
3.
各国の金利水準は、時として大きく変動することがあり、FX取引に係る日々のスワップポイントにも影響します。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
4.
外国為替市場では翌週の始値が前週の終値から大きく乖離した水準で始まることがあります。このような場合、FX取引において、仮にストップロス注文を入れていても、注文レートから大きく乖離したレートで取引が実行される場合があります。
5.
重要な経済指標発表時等の著しい相場変動時は、FX取引において、ストップ注文価格と成立価格にずれが生じる場合があります。
6.
FX取引に関して、お客様の「証拠金維持率」が下記(1)(2)の条件に該当した場合、当社はお客様に通知することなく、お客様口座内の未決済のポジションを強制的に決済(ロスカット)します。(法人取引【MT4】は①の場合のみ該当)
(1)
当社の定める水準を下回った場合
(2)
当社が定める営業日毎の一定の時刻(「証拠金率判定時刻」)において、お客様の口座全体の証拠金率が法令等で定める額又は当社の定める水準を下回った場合

詳しくは、「9.デリバティブ取引「取引要綱」【Ⅰ】FX取引についての各々のデリバティブ取引の取引要綱の「10.証拠金」及び「11.ロスカット」をご参照下さい。)
但し、相場が急激に変動した場合には、ロスカットがあっても、証拠金の額を上回る損失が生じることがあります。

BO取引に関するリスク等重要事項

1.
BO取引は、通貨を原資産とするオプション取引で、投資元本を保証した取引ではなく、投資資金のすべてを失う可能性のあるリスクの高い金融商品です。
2.
BO取引は、将来の一定期日の外国為替相場の水準により、あらかじめ定められた金額(以下、「ペイアウト額」といいます。)を受け取ることができる権利を購入する取引です。取引には期限があり、期限到来時に一定条件を満たした場合はペイアウト額を受け取ることができますが、条件を満たさなかった場合は購入金額全額が損失となります。BO取引では、ペイアウト額の受取の可否は、期限到来時に外国為替相場に基づき、システム上で自動的に判定・実行されます(これを「自動権利行使」と言います)。
3.
BO取引では、取引時間内において一定の時間毎に回号を設定します。すべての回号において、新規取引としてオプションの購入(買い建)のみが可能で、新規取引としてオプションの売却(売り建)はできません。
4.
お客様が新規にオプションを購入する場合の取引価格(購入価格)と購入したオプションを転売する場合の取引価格(転売価格)には差(スプレッド)があります。取引価格は、外国為替相場、ボラティリティ(相場変動率)、権利行使価格(ペイアウト額を授受するための条件となる価格)、権利行使期間(期限までの残存時間)、対象通貨の金利等により変動しますが、相場状況によっては、取引価格のスプレッドが拡大したり、意図した取引ができなかったりすることにより、損失が発生する可能性があります。
5.
お客様は、オプション購入後、ポジション解消取引として、回号毎に定められた売買可能期間中に転売(決済)が可能です。オプションを転売した場合、そのオプションについてペイアウトを受け取る権利はなくなり、転売価格と購入価格との差額がお客様の損益となります。したがって、転売時には、オプションの取引価格の変動により損失が発生する場合があります。
6.
BO取引への合理的な投資判断を行うには、BO取引の仕組みだけではなく、オプション取引の理論的根拠等の専門知識が必要となります。そのため、口座開設のお申込時には、お客様が取引の仕組みやリスク等について十分にご理解いただいているかを確認させていただきます。
7.
天災地変、戦争、政変あるいは外国為替取引の規制等の特別な状況が発生した場合には、開催中の回号を中断あるいは開始前の回号を中止することがあります。また、システム障害が発生した場合、インターバンク市場の流動性の低下等によってお客様への価格の提示が困難であると当社が判断した場合、又は当社の財務の健全性に重大な影響を及ぼすような事態が生じた場合には、開催中の回号を中断する場合や開始前の回号を中止する場合があります。
8.
お客様全体のオプション購入金額(当社への支払金額)とオプションの転売又は権利行使による受取金額の差額が、当社の収益の源泉となります。