バイナリーオプションの損益・必要な資金

バイナリーオプションの損益と、トレードを始めるのに必要な資金の考え方について説明します。バイナリーオプションでは、現在の価格と目標レートの価格差や、判定時刻までの残り時間に応じて購入金額が変化し、得られる利益も変わります。

バイナリーオプションの損益とは

トレードが成功したときに受け取るペイアウト金額と、購入時に支払った購入金額の差額に、トレードした数量(ロット数)を掛け合わせたものがバイナリーオプションの損益です。

損益 = (ペイアウト金額-購入金額) × 購入ロット

例①購入金額1,000円で1ロット購入し、予想通りとなった場合の損益:
利益9,000円 = (ペイアウト金額1万円-購入金額1,000円)× 1ロット

例②購入金額1,000円で3ロット購入し、予想通りとなった場合の損益:
利益27,000円 = (ペイアウト金額1万円-購入金額1,000円)× 3ロット

例③購入金額5,000円で1ロット購入し、予想通りとならなかった場合の損益:
損失-5,000円 = (-購入金額5,000円)× 1ロット

例④購入金額5,000円で3ロット購入し、予想通りとならなかった場合の損益:
損失-15,000円 = (-購入金額5,000円)× 3ロット

バイナリーオプションを始めるのに必要な資金

バイナリーオプションには、FXのように証拠金は必要ありませんので、1トレードの購入金額がバイナリーオプションを始めるのに最低限必要な資金です。バイトレでは最小の購入金額、1トレード1万円未満または1,000円未満で取引の都度お選びいただくことが可能です。

しかし、投資金額が1万円のところ、1トレードに1万円使っていては1回の失敗で資金を使い果たしてしまいます。例えば「1回のトレードの損失金額(損失リスク)を、投資資金の10%とする」などのルールを決めれば、「投資資金10万円に対して1回の購入金額は1万円未満とする」、など資金管理の目安を持つことができ、長くトレードを続けることができます。

また、次の初心者講座で紹介する「転売」を利用して損失を限定させることも重要です。

購入金額の変化について

バイナリーオプションの購入金額は、トレードが成功する可能性(ペイアウト金額を受け取れる可能性)に応じて変化します。

ここでは、現在価格と目標レートの関係(価格の差)に応じて購入金額が変わるということを説明します。

①購入金額の変化:HIGHの場合

HIGHの場合は、より高い目標レートほど、予想通り(判定レート≧目標レート)となるにはより大きな相場の上昇が必要になり、成功する可能性(ペイアウト金額を受け取る可能性)は低くなりますが、その分購入金額は安くなり、ペイアウト金額と購入金額の差額である利益はより大きくなります。

逆に、より低い目標レートほど、予想通り(判定レート≧目標レート)となるのにあまり大きな相場上昇は必要なく、また現在価格より下の目標レートであれば「相場が大きく下落さえしなければ成功」となり、成功する可能性(ペイアウト金額を受け取る可能性)が高いトレードになりますが、その分購入金額は高くなり、ペイアウト金額と購入金額の差額である利益はより小さくなります。

そのため、現在価格より高い目標レートのHIGHを安い購入金額で購入し、(低い可能性の)大きい相場上昇を期待して大きい利益を得る戦略や、現在価格より低い目標レートのHIGHを高い購入金額で購入し高い確率で小さい利益を積み上げる戦略などが考えられます。

HIGHを購入 ペイアウト

HIGHで購入金額が変化するその他の場合について

相場が動くと購入金額も変化する
バイナリーオプションの購入金額は、現在価格と目標レートとの関係で変化するため、同じ目標レートでも相場が上昇すればペイアウトの可能性が高くなるため、購入金額は安くなります。

判定時刻に近づくと購入金額が変化する
バイナリーオプションの購入金額は、目標レートと現在価格の関係(価格差)が同じでも、判定時刻までの残り時間でも変化します。
①HIGHで購入し、現在価格が目標レートより下のとき、判定時刻に近づくと、残り時間内の相場上昇で価格が目標レート以上となる可能性が低くなっていくため、ペイアウト金額を受け取る可能性は低くなる分、購入金額は安くなります。
②HIGHで購入し、現在価格が目標レートより上のとき、判定時刻に近づくと、残り時間内の相場下落で価格が目標レート未満となる可能性が低くなり、ペイアウト金額を受け取る可能性が高くなる分、購入金額は高くなります。

②購入金額の変化:LOWの場合

LOWの場合は、より高い目標レートほど、予想通り(判定レート<目標レート)となるにはあまり大きな相場の下落は必要なく、また現在価格より上の目標レートであれば「相場が大きく上昇さえしなければ成功」となり、成功する可能性(ペイアウト金額を受け取る可能性)が高いトレードになりますが、その分購入金額は高くなり、ペイアウト金額と購入金額の差額である利益はより小さくなります。

逆に、より低い目標レートほど予想通り(判定レート<目標レート)となるには大きな相場の下落が必要になり、成功する可能性(ペイアウト金額を受け取る可能性)は低くなりますが、その分購入金額は安くなり、ペイアウト金額と購入金額の差額である利益はより大きくなります。

そのため、現在価格より低い目標レートのLOWを安い購入金額で購入し、(低い可能性の)大きい相場下落を期待して大きい利益を得る戦略や、現在価格より高い目標レートのLOWを高い購入金額で購入し高い確率で小さい利益を積み上げる戦略などが考えられます。

LOWを購入 ペイアウト

LOWで購入金額が変化するその他の場合について

相場が動くと購入金額も変化する
バイナリーオプションの購入金額は、現在価格と目標レートとの関係で変化するため、同じ目標レートでも相場が下落すればペイアウトの可能性が高くなるため、購入金額は安くなります。

判定時刻に近づくと購入金額が変化する
バイナリーオプションの購入金額は、目標レートと現在価格の関係(価格差)が同じでも、判定時刻までの残り時間でも変化します。
①LOWで購入し、現在価格が目標レートより上のとき、判定時刻に近づくと、残り時間内の相場下落で価格が目標レート未満となる可能性が低くなっていくため、ペイアウト金額を受け取る可能性は低くなる分、購入金額は安くなります。
②LOWで購入し、現在価格が目標レートより下のとき、判定時刻に近づくと、残り時間内の相場上昇で価格が目標レート以上となる可能性が低くなり、ペイアウト金額を受け取る可能性が高くなる分、購入金額は高くなります。

一覧ページへ