バイナリーオプションの種類

バイナリーオプションの種類は「ラダー」「レンジ」「タッチ」の3つに分けられます。FXTFでは、主流となるラダー以外にもレンジ・タッチも提供しており、それぞれに特徴があり、投資戦略やスタイルに応じて使い分けることができます。

ラダー

ラダー

将来の価格が目標レートよりHIGHかLOWかを予想

ラダーとは「はしご」のことです。はしご状に複数本設定される「目標レート」の中から選んで、一定時間後の判定時刻の価格(判定レート)が選んだ「目標レート」以上(HIGH)となるか、未満(LOW)となるかを予想するバイナリーオプションです。

目標レート(ラダー)は複数の中から選ぶことができ、選んだ目標レートで戦略が変わります。

たとえば現在の価格に近い目標レートを選ぶことで「今の価格よりHIGHか、LOWか」を予想するのに近いトレードをすることができ、また現在価格より離れた目標レートを選ぶことで、購入金額が高く利益が少ないが成功する可能性の高いトレードをしたり、成功する可能性は低いが利益の大きいトレードをすることができます。

レンジ

レンジ IN
レンジ OUT

将来の価格が一定のレンジ(範囲)にINかOUTかを予想

レンジは、上下2本のライン(目標レート)に挟まれたレンジ(範囲)を決めて、判定時刻の価格(判定レート)が予想した範囲に収まるか(IN)、その範囲より外側に出るか(OUT)の二択で予想するバイナリーオプションです。

たとえば相場が上下どちらかに関わらず大きく動くことを予想するとき、選んだレンジから離れる「OUT」を購入したり、逆にあまり相場が動かず一定の価格レンジ(範囲)で推移すると予想できるときは「IN」を購入する、などの戦略が考えられます。

タッチ

タッチ TOUCH
タッチ NO TOUCH

判定時刻までに価格が一度でも目標レートに到達(タッチ)するか一度も到達(タッチ)しないかを予想

タッチは、判定時刻までに価格が一度でも選んだ目標レートに到達(TOUCH)するか、一度も到達しない(NO TOUCH)かを予想するバイナリーオプションです。ラダーと同じように、到達するかどうかを予想する目標レートは複数の中から選ぶことができます。

タッチでは、大きく相場が上昇すると予想するときは現在価格より上の目標レートでTOUCHを購入、または下の目標レートでNO TOUCHを購入したり、相場があまり動かないと予想するときは、上下どちらかのNO TOUCHを購入する、などの戦略が考えられます。

また、現在価格より近いTOUCHは、到達する可能性が高い分利益が少なくなりますが、逆に現在価格から離れたTOUCHは、到達する可能性が低い分利益が大きくなります。大きく相場が動くと予想できるなら、現在価格と離れた目標レートのTOUCHを購入するという戦略もとることができます。

タッチした時点で終了

TOUCHの場合は、目標レートを越えた状態を判定時刻まで維持しなくても、タッチした時点でペイアウト金額(払い戻し金額)を受け取ることができます。

一覧ページへ