バイナリーオプションの仕組み

バイナリーオプションの仕組みについて詳しく解説します。バイナリーオプションは、オプションの一種です。オプションとは、将来の一定期日までに、特定の価格(権利行使価格)で、売付け・買付けする権利の売買のことです。

オプションとは

オプションとは、将来の一定期日までに、特定の価格(権利行使価格)で、売付け・買付けする権利の売買のことです。

先渡取引と違い、権利の売買であるため、必ずしも対象商品とその対価が授受されるわけではなく、オプションの買い手が権利の行使を行うか否かの意思決定を行います。

一方でオプションの売り手は、オプションの買い手が権利行使をした際には、一方的に義務を負います。

原資産を買う権利をコール・オプション、原資産を売る権利をプット・オプションといいます。

オプションには、コール(買う権利)の買いと売り、プット(売る権利)の買いと売りがあり、オプションの買い手はコールまたはプットを購入する際、売り手に対してプレミアムと呼ばれるオプション料を支払います。

  売買 利益 損失
コールの買い手 プレミアムを払って買う権利を買う。
(買う義務はない)
無限 限定(プレミアム分)
プットの買い手 プレミアムを払って売る権利を買う。
(売る義務はない)
無限 限定(プレミアム分)
コールの売り手 プレミアムを貰って買う権利を売る。
(売る義務を負う)
限定(プレミアム分) 無限
プットの売り手 プレミアムを貰って売る権利を売る。
(買う義務を負う)
限定(プレミアム分) 無限
コールオプションの買い プットオプションの買い
コールオプションの買い プットオプションの買い
コールオプションの売り プットオプションの売り
コールオプションの売り プットオプションの売り

オプションの種類(原資産別)

オプションには、売買の対象となる原資産別に次のような種類があります。

通貨オプション ある特定の通貨を対象としたオプション
株式オプション 個別銘柄や株価指数といった株式を対象としたオプション
金利オプション 短期金利や長期金利といった金利を対象としたオプション
商品オプション 穀物、貴金属、石油などの商品を対象としたオプション

通貨オプションについて

通貨オプションは、「カレンシーオプション」とも呼ばれ、ある特定の通貨を、予め定められた期間または期日(権利行使期間)に、予め定められた価格(権利行使価格)で、買う権利(コールオプション)または売る権利(プットオプション)を売買するオプションのことです。一方の通貨を売って他方の通貨を買う権利を売買します。

ドルコール/円プットオプション(ドルコールオプション)…
円を売ってドルを買う権利
ドルプット/円コールオプション(ドルプットオプション)…
ドルを売って円を買う権利
ユーロプット/ドルコールオプション(ユーロプットオプション)…
ユーロを売ってドルを買う権利
ユーロコール/ドルプットオプション(ユーロコールオプション)…
ドルを売ってユーロを買う権利

※円以外の通貨ペアを原資産とする場合

円との組み合わせ以外の通貨ペア(ユーロ/ドル、ポンド/ドル等)を原資産とする差金決済型の通貨オプションであって、決済が円により行われるものについては、対象通貨ペアの決済額(外貨)を円に転換する仕組みとなっているため、為替変動により予期せぬ損益が生じることや円に転換する際にコストが発生する場合があります。

権利行使のタイミング

権利行使可能なタイミングによって、オプションは
①ヨーロピアン・オプション、②アメリカン・オプションに大別されます。
また、これら2つの方法の中間的な性質をもったバミューダ・オプションと呼ばれるタイプもあります。

ヨーロピアン・オプション オプションの期日時点でのみ権利行使が可能なオプションをいいます。
アメリカン・オプション 権利行使期間内であればいつでも権利行使ができるオプションをいいます。
バミューダ・オプション 満期時点までの間で、事前に決定された複数のいずれかの時点でも権利行使できるオプションのことをいいます。丁度、ヨーロッパとアメリカの中間にバミューダ諸島が位置することが名前の由来となっています。

バニラ・オプションとエキゾチック・オプション

オプション取引には、通常の基本的なオプションである「バニラ・オプション」と、これに特殊な条件を加えた「エキゾチック・オプション」があります。エキゾチック・オプションには、バイナリーオプションやレンジオプションなどがあります。

バニラ・オプション 「プレーン・バニラ」とも呼ばれ、通常の基本的なオプションのことをいいます。
エキゾチック・オプション 通常のオプション(バニラ・オプション)に特殊な条件を加えたオプションのことをいいます。

主なエキゾチック・オプション

バイナリーオプション 将来の一定期間内又は一定期日において、原資産価格が権利行使価格(ストライク・プライス)を超えていると価値を持つが、到達していない場合は価値を持たないオプションをいいます。
レンジ・オプション ある一定時刻までに市場の価格が設定されたレンジ(価格の範囲)を維持するか、しないかを予測するオプションをいいます。取引終了時まで継続的に、原資産の価格が設定条件のレンジを「維持する」と予想する場合は買い、「維持しない」と予想する場合は売りとなります。
ワンタッチオプション 取引終了までに原資産の通貨ペアが、特定の価格(バリアー価格)に一度でも到達、または上回った場合に、一定額が自動的に支払われるオプションをいいます。
ノータッチ・オプション 取引終了までに原資産の通貨ペアが、特定の価格(バリアー価格)に到達しない場合に、一定額が自動的に支払われるオプションをいいます。
バリアー・オプション 原資産価格がある一定価格(バリアー価格)に到達するか否かで、権利が消減したり発生したりするオプションのことをいいます。原資産価格が満期までの間に一定価格(バリアー価格)に達しなければオプションは有効だが、バリアー価格に達するとオプションが消減してしまう「ノックアウト・オプション」や、ある一定価格(バリアー価格)を設定し、原資産価格が満期までの間にその価格に達すればオプションが発生し、一方で達しなければオプションが発生しない「ノックイン・オプション」があります。

バイナリーオプションとは

バイナリーオプションとは、将来の一定期間内又は日において、原資産価格(為替相場)が権利行使価格(ストライク・プライス)を超えていると価値を持つが、到達していない場合は価値を持たないオプションをいいます。オプションの満期を権利行使期日として定め、イン・ザ・マネーのオプションについては自動的に権利行使が行われ、オプションの買い手に一定のペイアウトが支払われます。

バイナリーオプション 売買 利益・損失
コールの買い手 プレミアムを払って、条件を満たした場合は所定のペイアウト倍率の金額を受け取れる権利を買う。 利益・損失共に限定
プットの買い手 プレミアムを払って、条件を満たした場合は所定のペイアウト倍率の金額を受け取れる権利を買う。 利益・損失共に限定
コールの売り手 プレミアムを受け取り、条件が満たされた場合は所定のペイアウト倍率の金額を払う義務を負う。 利益・損失共に限定
プットの売り手 プレミアムを受け取り、条件が満たされた場合は所定のペイアウト倍率の金額を払う義務を負う。 利益・損失共に限定
バイナリーコールオプションの買い バイナリープットオプションの買い
バイナリーコールオプションの買い バイナリープットオプションの買い
バイナリーコールオプションの売り バイナリープットオプションの売り
バイナリーコールオプションの売り バイナリープットオプションの売り

通貨バイナリーオプション

通貨バイナリーオプションとは、通貨ペアを対象とし、通貨ペアの交換レートを権利行使価格としたバイナリーオプションをいいます。

ドル円のバイナリーコールオプション…
権利行使価格に対して判定価格がドル高円安になればペイアウト
ドル円のバイナリープットオプション…
権利行使価格に対して判定価格がドル安円高になればペイアウト
ユーロドルのバイナリーコールオプション…
権利行使価格に対して判定価格がユーロ高ドル安になればペイアウト
ユーロドルのバイナリープットオプション…
権利行使価格に対して判定価格がユーロ安ドル高になればペイアウト

※左側の通貨の価値が右側の通貨の価値よりも高くなるとその通貨ペアのレートは上がります。例えばドル円ではドルの価値が円の価値よりも高くなると、ドル円のレートは上昇します。

取引の具体例

・権利行使価格 1ドル 100円
・ペイアウト 10,000円
・プレミアム 5,500円
・判定価格 1ドル 99.80円

ドル円のバイナリーコール
オプションの買いの場合
判定価格が権利行使価格を下回っているので、権利行使が行われず、
プレミアムの5,500円が損失。
プレミアム-5,500円+ペイアウト0円=-5,500円
ドル円のバイナリープット
オプションの買いの場合
判定価格が権利行使価格を下回っているので、権利行使が行われ、
10,000円のペイアウトを受け取り、4,500円の利益。
プレミアム-5,500円+ペイアウト10,000円=+4,500円
ドル円のバイナリーコール
オプションの売りの場合
判定価格が権利行使価格を下回っているので、権利行使が行われず、
プレミアムの5,500円が利益。
プレミアム5,500円+ペイアウト0円=5,500円
ドル円のバイナリープット
オプションの売りの場合
判定価格が権利行使価格を下回っているので、権利行使が行われ、
10,000円のペイアウトを支払い、4,500円の損失。
プレミアム5,500円+ペイアウト-10,000円=-4,500円