EAの使い方

この記事をお読みいただいておりますお客様は、何だか毎日のように

ポジションを持って忙しいなぁと思われるかも知れませんが、個人的

には、裁量トレードで、こうも上手に取引する技術は持ち合わせてい

ませんので、EA開発者さんの知恵といいますか、それに、唯々

感謝するといった感がありますが、どうお感じになりますでしょうか?

こんなEAを使ったトレードを、いよいよ、本格的に説明させていただ

きたいと思います。今までの記事では、MT4の基本操作なども書かせ

ていただきましたが、ここからは、EAを使ったシステムトレーディング

(自動売買)についてです。基本的なことから始めます!

MT4の自動売買機能(エキスパートアドバイザー)とは?

MT4の自動売買は、エキスパートアドバイザー(EA、Expert Advisorsの略称)

という実行ファイルとでも言いましょうか、自動的に売買を行なうファイルを

MT4に設定(保存)して行ないます。

EAの中身は、テクニカル分析を組み合せたりして自動的に売買するプログラム

コードです。テクニカル分析だけではなくて、外部から指標発表の

データを取り入れたり、最近ですと、ネット上のニュース、twitterで流れる

テキスト文章などの所謂ビッグデータを解析して取込んで売買に使うなんていう

ものも考案されています。ただ、私は今のところ、指標、ビッグデータで上手く

良い結果を生んでいるEAは見たことも聞いたこともないです。

勿論、今後は、もっとイノベーションが起こって、上手く行くものが出て来ると

は見ています。

このエキスパートアドバイザーは、世界中に存在し有料・無料で流通しています

が、今日は、元々、FXトレード・フィナンシャル MT4に設定されているものと

FXトレード・フィナンシャル向けに開発された無料EAをご紹介したいと思い

ます。

初期設定 EAをチャートに表示して見ましょう!

まずは、EAを設置したい通貨ペアのチャートを表示しましょう。

MT4左上部の New Chart アイコンをクリックし表示される通貨ペアの

プルダウンメニュー、あるいは気配値表示の中の通貨ペア、または

上部のファイルプルダウンメニューの「新規チャート」を選択して表示

させます。

※初期設定では、気配値表示内に全通貨ペアが表示されていませんので

下の画のプルダウンメニュー内の全通貨ペアを選んで全通貨ペアを表示

させてください。

A_20140415_B_1

インストールをしたばかりのMT4には、ナビゲーターウィンドウ内に

「MACD Sample」と「Moving Average」という2つのEAが入っています。

以下の画のものです。

B_20140415_B
エキスパートアドバイザーの下の階層が表示されていなくて

「MACD Sample」と「Moving Average」が見えない場合は、左横の

「+」ボタンを押して中身を展開してみましょう。
次に、メニューバーの『自動売買』をONの状態(緑色)に設定します。

OFFの状態(赤色)であれば、クリックしてONに変更します。

プルダウンメニュー ツール>オプションを選択し開いて来る

オプションウィンドウ内で

ー自動売買を許可する

ーDLLの使用を許可する

ーAllow WebRequest for listed URL:
にチェックを入れて「OK」を押して確定させます。

C_20140415_C_2

「MACD Sample」、「Moving Average」のいずれかをマウスで選んで

チャートにドロップしてください。

設定が上手くできているか否かは、以下の画のようにチャート右上部の

顔マーク、×マークで確認できます。

D_20140415_E

また、MT4の下部にあります「ターミナル」のエキスパート タブ内に

errorとか can’not・・・・・の記載が無いかも確認しましょう。

これで、EAの設置が完了しましたので、この状態を維持していれば

自動的な売買を開始してくれます。

まずは、デモ口座を用意して、体感してみていただきたいと思います。

fx-onのシステムトレードEAの検索コーナーには

FXトレード・フィナンシャル用無料EAが沢山あります。

システムトレードEAの検索コーナー

http://fx-on.com/systemtrade/easearch.php

で無料EAのみを検索して、ダウンロードの上、まずは、いろんな

EAをデモ口座環境で使い倒してみてください!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>