スマホ MT4を設定 【ひろぴー】

2016011206_ひろぴー画像アイコン用-150x150
今週第二回目となります。

初心者の方もいらっしゃると思いますので、本日はMT4のスマホアプリの設定についてご説明申し上げます。

相場解説やテクニカルの説明などは今しばらくお待ちください!

スマホやタブレットからMT4を見る際のサイズ

僕はiPhone6plusを使っております。
iPhone5sでは小さすぎて、MT4には少々見難いかもしれません。(普通にはもちろん使えます。)

少なくとも、iPhone6サイズ以上をおすすめ致します。またはアンドロイドの同サイズ以上でも問題ありませんし、アイパッドミニクラスのタブレットも尚、望ましいと思います。

やはりチャートは大きな画面で眺めることができる、これはチャート分析をする上で非常に重要ですからね!

さらに、スマホMT4は、水平線、トレンドライン、フィボナッチリトレースメント、エキスパンションまで使えて、一度書き込みをすれば、画面を違う通貨ペアに切り替えて戻ってきても、表示は消えておりません!

ここまで使える国内業者のアプリはどこにもございませんので、しっかりとご活用なさってくださいね!

よって、書き込みができるチャートアプリのため、大きな画面に越したことはないでしょう。

スマホ画面通貨ペア選択

IMG_0943

最初にレート画面をご覧ください。

こちらがMT4のTOP画面になります。通貨ペアは最初の数行しかございません。
お好みで右上の十字ボタンを押して頂ければ、シンボル追加とあります。

聞き慣れない言葉ですが、通貨ペアのことを指しておりますので、自分の取引する通貨ペアをタッチして増やしていってください。

取引したい通貨ペアを選び終えたら、再びレート欄をご覧いただき、ちゃんと選択されているか確認ください。
それが確認できたら、右下の設定というボタンをタッチ願います。

IMG_0944

設定を押しますと、上記のような画面になります。

オレンジ色で囲った箇所のチャートというボタンをタッチしてください。

IMG_0945

この項目では、お好みで期間区切り線やトレードボリュームなどをチャート上に表記できます。

こちらも各個人、お気に入りで結構ですので、画面アレンジをしてくださればと思います。

ちなみに、僕は上記の設定通りで普段使用しております。

次に、下段のほうにある、カラーというボタンをタッチしてください。

チャート画面をデザインする。

IMG_0946

こちらのキャプチャ、スキームカスタムというボタンにて、デフォルトの「Green on Black」,「Blak on White」「Custom」

三つ選択できます。Customはその名のとおり、自分で色のチョイス、設定ができます。

特に必要なく、何色でもよいという方は、上記の前者2つからお選び頂きたいと思います。

そして、カスタムをお選び頂きますと、上記のように、上昇のローソク足は赤色で、下落は青色で・・・、などなど、お好みでローソク足の設定ができますので、是非ご活用頂ければと思います。

こちらも同じくして、僕が使用している設定です。チャートは色までこだわる派ですので、いつもこの色にしてトレードしております(笑)

なるべくルーティーンのつもりでPC画面も、スマホアプリも色を合わせたいのが本音です(笑)

以上、今回は初歩的で申し訳ございませんが、スマホMT4の配色設定についてご説明を致しました。

触ってみると、意外とボタンが多く、事細かに設定できますので、自分のオリジナルも作ってみては如何でしょうか?

次回はテクニカル分析の設定をご説明させて頂く予定です。

 【関連記事まとめ】

◎ひろぴー式スマホMT4チャート設定方法
スマホ MT4を設定
スマホ用MT4でテクニカル設定方法①
スマホ用MT4でテクニカル設定方法②

◎ひろぴー式MT4チャート実践トレード
フィボナッチリトレースメントのダブリポイントを発見せよ!
トレンドの種類とは
DMA3×3の使い方。
DMA25×5を使ってみよう。
DMA25~EMA62の調整戻しパターン
RCIの使い方①
RCIの使い方②
SMAトレード紹介!
SMAトレード紹介!その2

◎ひろぴー流MT4裁量取引セミナー
20160425_ひろぴーサイドバナーデザイン変更版

【FXTF MT4のサービスリンク】

口座への入金方法(24時間クイック入金/振込入金)
サービス口座間の資金移動(振替)について
MT4をダウンロード・インストールする
スマートフォン(iPhone/Android)版MT4アプリについて
ログイン方法
山中康司のMT4裁量取引セミナー
スタートガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加