MT4【ボリ平ドラゴン式】チャートでBOトレード①

みなさん、こんにちは。トレーダーのボリ平です。
今回は私のFX手法「ボリ平ドラゴン式」の解説をします。


■FXTFのMT4「ボリ平ドラゴン式」1分足チャート

ボリ平ドラゴン式とは


■ボリ平ドラゴン式の構成

・ボリンジャーバンド  ±3σまで (ミドルバンドは20EMA)期間:20

・平均足          (ローソク足の改良版)

・ドラゴン         一目均衡表のうちの「遅行スパン」だけ



■ボリ平ドラゴン式の見るべきところ

・ボリンジャーバンド:相場のボラティリティと方向

・平均足:相場のトレンド

・遅行スパン:相場の転換点

順張りにも逆張りにも使えます。

これをBOトレードにも使う事が出来るので紹介します。


■ドル円1分足チャート【14:43】
ボリ平ドラゴン式逆張りPUT①
ドル円急騰!
平均足の「陽線」がずっと続き、ボリンジャーバンドの方向「上向き」

このようなレンジ相場からの上昇ブレイクアウトの場面、ここから
「反転」を狙います。


■エントリーのタイミング

①ドラゴンの向き
「ドラゴン」の首が『カックン!』 と下を向く

②ボリンジャーバンド
+3σ~+2σのラインを超えなくなる

③平均足
平均足の「上ヒゲ」を含めた高値が前の足の高値を超えない

このようなポイントを見て
「上昇の威力が落ちてきた➡下落、反転」を確認します。

ポイントはドラゴンのアタマの角度で判断するところ

平均足の特徴は
”トレンド継続は見やすいけれど、相場の転換点を察知するのは遅い”

そこで平均足よりも、速く動く遅行スパン(=ラインチャートの終値)
のタイミングで「逆張りエントリー」を仕掛けます。


■FXでもBOでも
この時、
バイトレでちょうどいい取引回号があれば、バイトレでエントリーしますし、
時間が合わなければ、FXでそのままショートエントリーを行います。

FXで利確に狙うのは、
ボリンジャーバンドのセンターライン(20EMA)まで落ちてきたポイントです。


次回は、実際のトレードを紹介します。
MT4【ボリ平ドラゴン式】チャートでBOトレード②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加