日足5本、1,000通貨取引開始などFXTF MT4が格段に機能向上!

5/29、トレーダーにとって素晴らしいニュースが飛び込んできました!

FXトレードフィナンシャルのMT4が、格段に使い易くなります。

20150601_A

その内容は、上の画の通り

①6月下旬 5本足に変更

②7月下旬 ストリーミング方式に加えてカウントダウン方式の口座を追加

③7月下旬 取引通貨単位1,000通貨を開始

ですが、何が変わるのか?詳しくご説明したいと思います。

①「5本足に変更」の素晴らしい効果とは!

日足6本足、5本足が存在する理由

ご存知の方は多いと思いますが、MT4の日足チャートを表示すると1週間が6本の日足

となるFX会社と5本となる会社とがあります。

1週間のマーケットの開始時間の日本時間月曜日7時(実際にはウェリントンのマーケ

ットは4時からですが、日本のFX会社は6、7時スタートが一般的)から終了する日本

時間土曜日の7:00までの大体丁度5日間ですので、日足5本になります。

ところが、一部の日本のFX会社では、MT4を導入した際、日本時間0時を日足の起点に

し、チャートの横軸を日本時間で表示したら日本のトレーダーには使いやすいだろうと

いう理由だと思われますが

月曜日7:00から24:00で日足1本

火曜日から金曜日の日足4本

土曜日0:00~7:00で日足1本

という6本の日足が表示されるようになったようです。

6本足だと何が困るのか?

テクニカルを使用するインジケーターやEAを使う場合には問題となります。

その理由は、日足6本の場合、1本の足が24時間の日足、大凡17時間のもの、大凡7時間の

ものと長短出てしまいます。

日足5本足の場合は、ほぼ丁度24時間の日足が5本で構成されます。

何となくお分かりいただける通り、ばらつきがある日足6本足の場合、計算処理が難しい

ので、開発する人は日足5本のMT4で使用することを念頭に作る人が圧倒的ということが

あります。

結果、日足5本足で作られるEAやインジケーターが圧倒的に多いのですが

下の画は日足6本のチャートと5本のチャート上に14日移動平均線を表示したものです。

随分形が変わってしまうことをご確認いただけると思います。

20150601_B_6hon

20150601_B_5hon

移動平均線の交差を売り買いの判定に使用するEA、何らかのサインに使うインジケータ

ーを使用した場合、5本6本の違いで全く異なる結果になってしまうという訳です。

勿論、他のテクニカル指標を使っても同様の問題が発生することは言うまでもありません。

MT4の日足が5本となることで、使えるEAやインジケーターが圧倒的に増えるということ

になりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>